• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

加藤清史郎がコペル役に!「君たちはどう生きるか」再現ドラマ化『教えてもらう前と後』5・1放送

『教えてもらう前と後』 5月1日(火)放送の『教えてもらう前と後』3時間スペシャルに、特別講師として池上彰が登場。ベストセラー作品「君たちはどう生きるか」を再現ドラマ化し、池上が若者・社会へ伝えたいメッセージを本文から抜粋しながら披露する。

 80年以上前に出された本が漫画化され、200万部を超えるベストセラーとなった「君たちはどう生きるか」。コペル役の加藤清史郎をはじめ、おじさん役の長谷川朝晴、母役の中島ひろ子らで再現ドラマ化し、池上が本当に大切なことは何か、どう生きればいいのか、など作品の内容を伝える。

 主人公・コペルを演じる加藤は「皆さん、一度は経験したり見たことがあるような問題におじさんの力を借りつつ、コペル君が正面から向き合おうとしています。親近感が湧いてすごく感情移入しやすい作品に仕上がっていると思うので、大人も子どもも関係なく、ご家族皆さんでぜひご覧ください」とコメント。

 長谷川と中島は「作品の全部は紹介できないですが、皆で頑張って作っているので、本に出逢っていただく良い取っ掛かりになればいいなぁと思います」(長谷川)、中「誰かしら側にいて見てくれている人がいます。お互いに支えあっていけば恐いものはない。痛い思いをすることも、ぶつかる壁を越えることも、必ずクリアできるようになっていると思うので皆でクリアしていきましょう」(中島)と、それぞれメッセージを寄せた。

 また、番組では「その時、日本が動いた」をテーマに、池上が昭和最大の未解決事件といわれる「3億円事件」や、史上最悪の人災といわれた「ホテルニュージャパン火災」など、7つの大事件を解説。そして、国内観測史上最大の地震となった「東日本大震災」が開発の後押しとなったという通信アプリ“LINE”の本社に、MCの滝川クリステルと博多華丸・大吉が取材に訪れる。

 池上彰が特別講師で登場する『教えてもらう前と後』はMBS/TBS系列にて5月1日(火)後7・00より3時間スペシャルで放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える