エンタメニュース

中川翔子のポケモン愛に藤原竜也もあ然!? 劇場版「ポケットモンスター」公開アフレコ

(2015.06.09)

「ポケットモンスター」の劇場版最新作「ポケモン・ザ・ムービーXY 『光輪(リング)の超魔神 フーパ』同時上映『ピカチュウとポケモンおんがくたい』」の公開アフレコ

「ポケットモンスター」の劇場版最新作「ポケモン・ザ・ムービーXY 『光輪(リング)の超魔神 フーパ』同時上映『ピカチュウとポケモンおんがくたい』」の公開アフレコが行われ、バルザ役の藤原竜也、ときはなたれしフーパ役の山寺宏一、メアリ役の中川翔子、ヒポポタス役の篠原信一、短編ナレーションを務める山本美月が登場した。

 藤原は「歴史があり、国民に愛されている作品に呼んでいただいて、本当に感謝しています。貴重な体験をさせていただいたので、完成が楽しみです」と。18回目の皆勤出演となる山寺は「毎回出ていますけど毎回役が違うので、新しい作品に出ているというつもりでやらせていただいています。今回も出ることができて、うれしいです」と笑顔。

 9作連続でポケモン映画に出演している中川は「初めてポケモンと出会ったときはサトシと同じくらいで、20代はずっとポケモンと過ごさせていただき、ついにレベル30に上がりまして、本当にほぼ人生はポケモンでできているといっても過言ではございません。最近、出会ったちびっこたちとポケモンで仲良くなったんですが、『えっ!この映画のとき生まれてないの!?』みたいな衝撃がございました。なので、地球の歴史とポケモンの歴史をなどを伝える、もうポケモン村の長老のような気持ちで平成2ケタのちびっこたちに、ポケモンの世界に触れると生きるのがこんなにも楽しくなるんだよとか、命の大切さとか伝えていきたいです」とマシンガントーク。それに対し、山寺は「すごいでしょ。毎回、こうなんですよ」と、藤原も「どこで息継ぎしているんだ」と驚きの表情を見せていた。

 アフレコ初挑戦の篠原は「ポケモン映画が18年ということで非常に私も感激しています。ヒポポタス役がうまく演じられるよう私なりに練習してアフレコに臨みました。本当はバルザ役が一番似合うと思うんですけど、そこは藤原さんなので(笑)。ぜひ楽しみに映画を見ていただければと思います」と。山本は「ポケモンは私が幼稚園のころから始まっていて、いつも身近にいた存在だったので、まさか自分がかかわれるとは思っていなかったです。私がナレーションを言うことでピカチュウやニャースが答えてくれて、とてもうれしかったです。皆さんとポケモンをつなぐ架け橋になれたらなと思います」と意気込んだ。

「ポケットモンスター」の劇場版最新作「ポケモン・ザ・ムービーXY 『光輪(リング)の超魔神 フーパ』同時上映『ピカチュウとポケモンおんがくたい』」は、7月18日(土)より全国東宝系にてロードショー。

映画公式サイト(http://www.pokemon-movie.jp/


この記事の写真

関連記事






TV LIFE最新号紹介

TV LIFE表紙

番組表8月27日(土)~9月9日(金)

表紙NEWS

表紙はNEWS!10月新ドラマ一気見せ!!! テレビライフ19号8月24日(水)発売
もっと詳しく→

詳しくはこちら


ランキングをもっと見る>>>
 

↑ページトップへ