エンタメニュース

2015年「年間ドラマ大賞」作品賞(大賞)は相葉雅紀主演『ようこそ、わが家へ』!相葉は「作品賞」「主演男優賞」「主題歌賞」のトリプル受賞!

(2016.02.10)

「TV LIFE(テレビライフ)お正月特大号」及び「TV LIFE Web」上で募集した「第25回 年間ドラマ大賞2015」の受賞作が決定した。

 注目の作品賞(大賞)は、2015年4月期に放送された『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)が見事受賞。“月9史上初のサスペンスタッチのホームドラマ”として、気弱で優しいごく普通の青年(=倉田健太役)が、ストーカーから家族を守るために次第に強くなっていく姿を描いた同作は、健太役を演じた相葉雅紀の優しさと強さを兼ね備えたひたむきな演技で多くの視聴者を魅了。会社の不正に立ち向かった健太の父・太一(寺尾聰)、母・珪子(南果歩)、妹・七菜(有村架純)の「倉田家」に、沢尻エリカ演じた記者の明日香が交わることでより一層「家族の絆」の大切さを際立たせ、単なるサスペンスに終わらない作品の奥行きを深めたことなどが作品賞受賞の決め手となったようだ。

 また相葉は、作品賞のほかに、初受賞となる主演男優賞、さらには嵐が歌った同作の主題歌「青空の下、キミのとなり」で“トリプル受賞”を達成。「作品全体として評価していただけたことが何よりうれしい」と喜びの声を語った相葉は「(演じた)倉田健太という役も、いかにも“演技をしています”という感じにならないように、台本を読んで、その流れの中で感じた健太の気持ちに自然となれればいいなって。そんな心持ちで撮影に臨んでいた」と当時を振り返りながら受賞を喜んだ。

「第25回 年間ドラマ大賞2015」の受賞者インタビューは、株式会社学研プラス(東京・品川/社長:碇 秀行)発行のテレビ情報誌「TVLIFE(テレビライフ)5号」(2月10日(水)発売)に掲載。表紙には、作品賞&主演男優賞&主題歌賞(嵐)のトリプル受賞となった相葉雅紀が登場する。また同号では、「春の大感謝祭・2号連続(5号2/26号&6号3/11号)キャンペーン」と題し、2号分の応募券で応募ができる「現金1万円を100名にプレゼント」企画や「春の新ドラマ速報」など数々の企画で誌面を盛り上げていく。

【第25回年間ドラマ大賞2015 各賞結果】
○作品賞…『ようこそ、わが家へ』(フジ系)
○主演男優賞…相葉雅紀『ようこそ、わが家へ』(フジ系)
○主演女優賞…石原さとみ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジ系)
○助演男優賞…次号TV LIFE6号(2月24日(水)発売)で発表
○助演女優賞…次号TV LIFE6号(2月24日(水)発売)で発表
○新人賞…次号TV LIFE6号(2月24日(水)発売)で発表
○主題歌賞 嵐「青空の下、キミのとなり」『ようこそ、わが家へ』(フジ系)

過去24回の年間ドラマ大賞受賞作一覧はコチラ
http://www.tvlife.jp/dramaaward

[商品概要]
TVLIFE(テレビライフ)5号(2/26号)
表紙:相葉雅紀
発売:2016年2月10日(水)
定価:306円+税(税込330円)
判型:A4判(天地297mm×左右210mm)
発行所:学研プラス
TVLIFE Web:http://www.tvlife.jp/(最新号の詳しい内容はコチラをチェック!)

【ネット書店でのご注文はコチラ】
セブンネット
(首都圏版)http://7net.omni7.jp/detail/1202188081
(関西版)http://7net.omni7.jp/detail/1202188096
(愛知・三重・岐阜版)http://7net.omni7.jp/detail/1202188094
(北海道・青森版)http://7net.omni7.jp/detail/1202188093
(福岡・佐賀・山口版)http://7net.omni7.jp/detail/1202188095
(静岡版)http://7net.omni7.jp/detail/1202188097


この記事の写真




TV LIFE最新号紹介

TV LIFE表紙

番組表9月24日(土)~10月7日(金)

表紙KinKi Kids

表紙はKinKi Kids!秋ドラマ超相関図 テレビライフ21号9月21日(水)発売
もっと詳しく→

詳しくはこちら


ランキングをもっと見る>>>
 

↑ページトップへ