• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

島根県黙認!?アニメ『秘密結社 鷹の爪』自虐カレンダー映画前売特典に

 大人気ギャグアニメ『秘密結社 鷹の爪』の3年ぶりとなる劇場版最新作「鷹の爪 GO~美しきエリエール消臭プラス~」の前売り特典が明らかになった。

 今回の前売り特典は、“自虐が過ぎる!島根県黙認!『島根県×鷹の爪 スーパーデラックス卓上カレンダー 幻のコピーセレクション』”。2010年から「日本で47番目に有名な県」「世界遺産があると言っても信じてもらえない」といった自虐的なフレーズで島根県をPRしてきた通称“島根自虐カレンダー”の初のスピンオフアイテム。そもそも『秘密結社 鷹の爪』に登場するキャラクターの“吉田くん”は、島根県吉田村(現在の島根県雲南市吉田町)出身という設定の下、自虐を交えて勝手に島根県をPRしていたことがきっかけで、2009年に島根県から「しまね Super 大使」に任命された経緯が。「秘密結社 鷹の爪 THE MOVE2~私を愛した黒烏龍茶~」も島根県が舞台で、島根県と「秘密結社鷹の爪」は切っても切れない関係にある。

 特典となるカレンダーは、いつも以上に自虐ネタが過激なため採用されなかったコピーを目にすることができる。7月は「人気レジャーは選挙です。/ごめんね!島根県」など、娯楽が少ないことを揶揄するようなフレーズがいきなり登場。過激なキャッチコピーのため、通常とは異なり島根県公認から“島根県黙認!”となってしまった。その一方で、キャラクターがフルカラーとなりファンには新鮮なコピーのデザインになっている。表紙を含め7~12月までの半年間使えるカレンダー。映画前売り券は7月20日(土)から一部劇場で販売が開始される。

「鷹の爪 GO~美しきエリエール消臭プラス~」は9月13日(金)より全国ロードショー。

『秘密結社 鷹の爪』とは
 世界征服をたくらむベンチャー秘密結社・鷹の爪団と、彼らの野望を阻む正義の味方・デラックスファイターとのやり取りを描いた世界征服コメディで、2006年にテレビ朝日で放送されたTVシリーズ、同年のTOHOシネマズでのマナームービーの放映により爆発的人気を獲得した。さらに、昨年からNHK Eテレ『ビットワールド』でのTVシリーズ放送を機に、小学生から大人まで日本中で幅広い人気を博している。

『鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~』
配給:東宝映像事業部
9月13日(金)全国ロードショー
(c) 鷹の爪GO製作委員会
http://鷹の爪.jp/go/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える