• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

S・ヨハンソンの妖艶ボイスのアフレコ風景も!『ジャングル・ブック』メイキング映像公開

スカーレット・ヨハンソン アドベンチャー超大作『ジャングル・ブック』MovieNEXに収録されているメイキング映像の一部が公開された。

 本作は、ウォルト・ディズニーの遺作であるアニメーション映画『ジャングル・ブック』(’67)を最新の映像技術を駆使して実写化。少年モーグリと愛すべきジャングルの仲間たちとの新たな物語を描いた奇跡のエンターテイメント巨編だ。モーグリ以外はすべてリアルなCGで表現する映像革命的作品で、日本・アメリカともに豪華スター陣によるボイスキャストも大きな話題となった。

 公開された映像は、MovieNEXに収録されているボーナス映像の中から、スカーレット・ヨハンソンのアフレコ風景を収めたメイキング映像の一部。ヨハンソンは、魅惑的な声と催眠を促す視線を武器に、幼いモーグリを惑わせる妖艶なニシキヘビのカーを演じている。映像では、ヨハンソンのインタビューのほかに、彼女のアフレコの様子とそれにアドバイスをする監督とのやり取りが収められている。

 声の演技を通して1967年のアニメーション映画版とはまったく違うカーを生み出したヨハンソンは、「カーは語り部であり、魅惑的でモーグリの過去を映し出す鏡のような役目もするの」と振り返る。

 本作を手がけたジョン・ファヴロー監督にとって、約50年前に製作されたアニメーション映画版で最もよく覚えているものの1つが巨大ニシキヘビのカーだという。アニメーション映画版では、カーを含めてほとんどのキャラクターがオス、つまり男性で、さらに、アニメーション映画版のカーは少しコミカルでモーグリにとっても親しみやすいキャラクターとして描かれていた。ファヴロー監督は、このキャラクターの魂はそのままに、この魅惑的なヘビに新たな生命を吹き込むためにスカーレット・ヨハンソンを起用したという。

 ヨハンソンは別のインタビューで、「カーは、彼女の声でモーグリを誘惑し罠にかけるの。今回、このキャラクターを雄から雌に新しく作り変えたことは、とてもスリリングね」と語っている。

 MovieNEXでは、ほかにも監督やボイスキャストのインタビュー映像やメイキング映像など、充実のボーナス映像を収録している。

『ジャングル・ブック』メイキング映像

『ジャングル・ブック』
MovieNEX発売中/デジタル配信中

MovieNEX 4,000円+税

公式サイト:disney.jp/JUNGLEBOOK

©2017 Disney

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える