• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「子離れできない」佐々木健介&北斗晶、息子を溺愛

(C)Disney,Disney/Pixar

 佐々木健介、北斗晶、佐々木誠之助がディズニー・オン・アイス「トレジャー・トローブ」の東京公演初日イベントに登場した。

 今年で28年目を迎えるディズニー・オン・アイス「トレジャー・トローブ」は、総勢60を超すキャラクターによる名作がたくさん詰まったアイスショー。子供料金が設定されたことと、日本公演限定で「トイ・ストーリー」のキャラクターが登場することでも話題だ。

 先日、アメリカ公演も観賞したという佐々木ファミリー。北斗は、「トイ・ストーリーが入ったことで雰囲気が変わったよね。得した気分になりました。1番印象的なシーンは、アラジンかな。大がかりなセットや空飛ぶじゅうたんが出てきたりして、見入ってしまいますね」と興奮ぎみに語った。いっぽう、佐々木は「アメリカで誠之助もやらせてもらったんですけど、観客の中で選ばれた子供がラプンツェルと一緒にランタンを飛ばすシーンが幸せな空気が感じられて好きですね」と発言すると「ラプンツェルに見とれてたよな、ポカーンと」と北斗から突っ込まれた。

 サマースクールで海外にいる長男の健之介について佐々木は「寝る前に長男の部屋の前を通るんですよ。その部屋を見ちゃうんですよね、ああ寂しいな~とか思いながら。一歩一歩大人に近付いているんだと思って、僕は我慢します。本当、子離れできないんですよ」と寂しそうな表情。北斗もまた、「数日後に誠之助も林間学校に行っちゃうので、2人ともいなくなっちゃったら、うちらどうしようかって感じだよね」と溺愛ぶりを見せた。

 イベントの最後に「“初めて見るなら今年です“といったキャッチフレーズがありますけど、その通りだと思います。子供料金ができて、家族みんなで楽しめます。大人も子供に戻れる時間だと思いますので、家族で行ってもらって幸せになってほしいです」と3人そろってPRした。

「ディズニー・オン・アイス『トレジャー・トローブ』JAPAN TOUR 2013東京公演」は、7月24日(水)まで開催。その後全国11都市で順次開催される。

「ディズニー・オン・アイス」公式サイト(http://www.disney.co.jp/onice/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える