• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

川口春奈と山﨑賢人「まっすぐで全力な賢人さんが大好き」「ユーモアな春奈ちゃん最高!」と気持ちを交換「一週間フレンズ。」初日舞台挨拶

103042_01_R 映画「一週間フレンズ。」の初日舞台挨拶が行われ、主演の川口春奈、山﨑賢人をはじめ、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、戸次重幸、村上正典監督が登壇。

 公開初日を迎え「こんなにもたくさんの方のお顔を見ることができてうれしい」(山﨑)、「(上映後なので)みなさんに嫌われていないか不安なんですが(笑)、これからたくさんの方にこの作品のメッセージが伝われば」(上杉)と、朝早くから集まった観客に感謝の気持ちを伝えた。

 本作は、1週間で友達のことを忘れてしまう記憶障害のある香織(川口)と、初めて会った日から香織に惹かれ、何度忘れられても「友達になってください」と思いを伝え続ける祐樹(山﨑)が織りなす、切なくも淡いラブストーリー。

 川口は、本作の試写を見て感動して涙を流したそうで「いつもは客観的に見られないんですけど、キャストのみんながいい表情をしていて。キレイな世界観で、純粋にいい作品だなって思って感動して泣いてしまいました」とそのときの心境を明かした。

 また、何度忘れられてもまっすぐに思いを伝える祐樹を演じた山﨑は役作りについて「とにかくまっすぐに、カッコ悪くても全力で汗水たらしているほうが見ている方にも共感してもらえると思って、全力で演じることを意識して頑張りました」と役柄さながら、まっすぐに思いを語った。

 この日は公開初日を記念して、ここから新たな一歩を踏み出すキャストたちに村上監督から卒業証書ならぬ“公開記念証書”授与式が行われた。証書を受け取った松尾、上杉、高橋、古畑は「ありがとうございます」とコメントしながら、監督とがっちりと握手を交わした。また、劇中では教師を演じた戸次にも証書が渡されると卒業式さながらに背筋を伸ばし丁寧に受け取る戸次の姿に会場からは拍手と笑いが起こった。

 主演の川口&山﨑は、劇中で香織と祐樹の距離を縮めるキーアイテムの交換日記にちなみ、お互いへの思いを書き込んだ公開記念証書を“交換”することに。「現場ではいろいろありがとう。ユーモアたっぷりな春奈ちゃん、最高!」と山﨑がシンプルながら熱い言葉を贈ると川口は「ありがとう」と深々とお辞儀しながら受け取った。そして川口から「あなたの長谷くんにいっぱい助けられました。人としても役者としてもまっすぐで全力でウソがない賢人さんが大好きです。ありがとう」と感謝の気持ちが贈られ、山﨑が「うれしい!」と笑顔で受け取りお互いに固い握手を交わした。

 あまりにも切なくてキュンキュン泣ける、純度200%のピュア・ラブストーリー「一週間フレンズ。」は大ヒット上映中!

公式サイト:http://ichifure.jp/
配給:松竹

©2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える