• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

うしろシティの単独ライブDVD発売記念イベントに200人

 人気若手芸人・うしろシティ(金子学、阿諏訪泰義)の単独ライブ「アメリカンショートヘア」のDVD発売を記念し、23日、都内・渋谷タワーレコードでネタ&トーク&握手会が行われた。

 本作は今年1月に行われたうしろシティ第3回単独ライブをDVD化したもの。中身は11本のコントに加えて、ライブ最終日のみ披露した2本のコントと、幕間映像、撮り下ろし映像「イメージキャラクターになろう!!」を収録。初回特典には生写真(全3種のうち1種)が封入されている。

 イベント直前の囲み取材で、単独ライブが初めてDVD化された感想を聞かれた阿諏訪が「僕はお笑いのDVDが大好きなので、憧れのすごいDVDが(数多く)ある中にちょっとでも入れたのがうれしくてしょうがないです。ライブに来られなかった方がDVDを何回も何回も見てくれているのを想像するとうれしいなあ、って」と話す一方で、金子は「えーっと…(長考して)ライブに来たくても来れなかった人が後から見れるので、便利な時代だなと思います」と冷静なコメント。

 内容については「僕らはネタがすぐ変わるんですよ。ライブでやったネタも他のテレビやイベントでやるうちに変わっていくので、そういう意味では自分たちが見ても“そういえば昔こんなだったな”とか。自分たちもあまり気づかずに変わっているんですけど、あらためて1番最初のバージョンをみると、すごい変わってるんだと思います」と語った。

 見どころに関して2人は「特典映像に我々のマネージャーが出ているんですけれども、それは絶対に見てほしい!」と話し、阿諏訪は「松竹芸能のマネージャーって若手の芸人より有名っていうのが昔からあって。その伝統をくんで“オカザキさん”(うしろシティのマネージャー)が徐々に知名度を上げてきているんです。今、単独ライブをやってるんですけど、オカザキさんが劇場のロビー付近に立っているとファンの方から『写真を撮ってください』と言われたと。『まいったわ』とニヤニヤしながら言っていた。くせ者が多いんですよね(笑)」と明かした。

 また、タイトル「アメリカンショートヘア」の意味を尋ねられると阿諏訪が「タイトルはわりと何でもいいと思っているタイプなので、せかされて早く決めなきゃみたいな状況になった時、相方(金子)になんでもいいから思いついたこと言ってって言ったら『アメリカン』って言ったんですよ。そしたら同じ楽屋にいたパンサーの菅(良太郎)が『アメリカンショートヘア』って言ったので、それにしました。パンサーの言うことなら間違いないだろうって(笑)」と意外な裏話を披露した。

 うしろシティ単独ライブDVD「アメリカンショートヘア」はContentsLeague/アニプレックスより3000円(税込)で発売中。第4回単独ライブ「うれしい人間」は、8月1日(木)東京・座・高円寺2、8月9日(金)、10日(土)大阪・松竹芸能 道頓堀角座で開催。


うしろシティ 松竹芸能公式サイト(http://www.shochikugeino.co.jp/talents/03/post-423.html)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える