• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

X JAPANが“紅”に染まったレッドカーペットに集結!映画「WE ARE X」ジャパンプレミア上映会

「WE ARE X」完成披露ジャパンプレミア上映会 X JAPAN の封印された歴史を描くドキュメンタリー映画「WE ARE X」。3月3日(金)の日本公開に先駆け、2月23日に東京・TOHO シネマズ六本木ヒルズにて完成披露ジャパンプレミア上映会が開催され、X JAPAN史上初となるメンバー全員そろっての映画舞台あいさつとレッド(紅)カーペットイベントが行われた。

 X JAPANの名曲「紅」のタイトルにちなみ、紅に染まったレッドカーペットには、AKB48、濱口優(よゐこ)、神田うの、名探偵コナン、下村博文(衆議院議員)、甘利明(衆議院議員)、山口裕子(第3代ハローキティデザイナー)ら著名人が招待ゲストとして登場。最後にX JAPANが勢ぞろいすると、劇場に詰めかけたファンから盛大な歓声が上がった。

 続く舞台あいさつと上映会では、約500名の招待客がメンバーを迎えた。「WE ARE X」が制作された経緯についてYOSHIKIは「(昔から)いつかドキュメンタリーを作ろうとカメラが回っていた。ただその後に解散、HIDEの死、ToshIの洗脳、再結成、海外進出、その中でのTAIJIの死…。いろんなことが起こり、とてもじゃないけど映像を振り返られないと思った」と、一度はドキュメンタリー映画の話が白紙になったと説明。「再結成したころに、海外のエージェントから『壮絶なストーリーを映画にするべきだ』と言われた。X JAPANは進行形であって、このストーリーがひょっとしたら心に痛みを持っている人、人生に挫折しそうな人たちに勇気を与えられるんじゃないか、人の命を救えるんじゃないかという話も聞かされまして。それならばと企画を進めることになった」と明かした。

 YOSHIKI同様、映画のオファーを断っていたというToshIは「映画を見終わった後に言葉が出なかったし、イスから立ち上がることもできなくて絶句してしまった」と告白。「こういう発言はどうかな、削除したほうがいいんじゃないかっていうシーンもあって監督に直談判したんですけど、使ったほうがいいと言われた」ことをきっかけにすべてをさらけ出す覚悟を決めたと言い、「この映画で過去の自分にけじめをつけて、X JAPANとしてHIDEもTAIJIも一緒にこれからまたさらに大きな壁をぶち破るためにみんなで歩んでいけたら」と野望を語った。

 再結成後にメンバーとなったSUGIZOは「僕は、偉大なるX JAPANのほんの最近の一部に存在している。壮絶な歴史を見てしまうと“僕がここにいていいのかな”と思ってしまいす。悪い意味じゃなくて、ここに僕がいて何ができるんだろうって」と本音をもらすと、YOSHIKIが「SUGIZOがいるから今のX JAPANがいるんです」と優しくフォロー。SUGIZOが「HIDEさん、TAIJIさんという強烈な先人たちがいて、その空いたポジションを担うっていうのは頭がおかしくないとできない。まともな神経ではここに立てないです」と笑い飛ばすと、すかさずYOSHIKIも「それは間違いないと思います(笑)」とツッコむ場面も。

 また、HEATHは「なぜX JAPANがここまで大きくなって、たくさんの方を魅了させていくバンドなったのか。この映画を見てもらえれば分かると思います」と映画をアピール。見るたびに涙を流してしまうというYOSHIKIが「バスタオル持ってきたほうがいいと思う。メイクをしてる人は、映画終わった後に全部落ちてると思う。何度見ても消化できない」と話すと、PATAが「皆さんも何度も見に来るように!(笑)涙で前が見えないこともあると思います」と観客にPRし、笑いを誘っていた。

映画「WE ARE X」
日本公開:3月3日(金)

監督:スティーヴン・キジャック
上映時間:96分 /アメリカ映画

公式サイト:http://www.wearexfilm.jp/

©2016 PASSION PICTURES LTD.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える