• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

福山雅治「実にありがとう」映画「真夏の方程式」大ヒットに感謝

 東野圭吾原作・映画「真夏の方程式」の大ヒット舞台あいさつが行われ、主演の福山雅治、吉高由里子、山崎努が登壇。公開から1か月足らずで、観客動員数約200万人を突破した今作とあって、出演者の登壇時には、集まったファン約900人の大歓声で、司会のアナウンスがかき消されるほどの大歓声に包まれた。

 久しぶりの舞台挨拶だった福山は「また、舞台上で皆さんとお会いできるとは思いませんでした。せりふ量が多くて、撮影は大変ではありましたけど、役柄も含めて楽しいプロジェクトだったので、これで一区切りだと思うと若干の寂しさがありますね」と語った。

 また、海外からも待望の声が多いという続編については「僕が表現したいことができるキャパシティの作品になってきたので、もっとやりたいとは思いますが、原作がないことには何とも言えないので、東野圭吾先生よろしくお願いします」と続編に向け意欲を見せた。

 今作が「ガリレオ」シリーズ初出演となった吉高は「前にあった作品に、今回の作品で新しく参加するということで、ぜいたくをさせていただいたこともありましたが、もちろんプレッシャーと緊張感もいっぱいで、とても挑みがいのある現場だというのは、1年を通して私の身体にズボズボと刺さりました」とコメントし、会場を笑わせた。

 最後に「実にありがとう」と湯川の決めぜりふをアレンジして披露した福山。ファンの惜しみない歓声と拍手に見送られながら、舞台をあとにした。

 映画「真夏の方程式」は全国東宝系にて大ヒット公開中。

映画「真夏の方程式」(http://www.galileo-movie.jp/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える