• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

錦戸亮が陰陽師に!? 秋スタート新ドラマで新境地

 この秋スタートする火曜10時枠のフジテレビ系ドラマ『よろず占い処 陰陽屋へようこそ(仮)』(スタート日未定)で錦戸亮が主演を務めることが分かった。

 作品はシリーズ累計40万部を越える天野頌子の人気小説“陰陽屋シリーズ”を連ドラ化したもので、錦戸は元ナンバーワンホストという経歴を持つ霊能力ゼロのインチキ占い師・安倍祥明を演じる。

「占いはエンタテインメント」がポリシーで面倒くさがり屋の毒舌、金にならない仕事はしないという性格だが、女性には甘く巧みな話術で客の悩みを解決していくという元ホストならではの一面も見せる。

 錦戸は「今作の役どころが占い師ということなのですが、僕自身は占いには疎いほうでして…。ドラマを通じて、見てくださる皆さんと一緒に興味を持てたらと思っております。また、演じさせていただく安倍祥明は“毒舌で面倒くさがり、金にならない仕事はしないと”いう人物ですが、どこか愛せるような憎めないキャラクターになればいいなと思います」と主演の意気込みを。

 劇中に着るという陰陽師の衣装については「“狩衣”という衣装にも挑戦します。着たことがないので楽しみです」と気合も十分。

 関西テレビ豊福陽子プロデューサーはキャスティングについて「今回の主人公は周囲から“インチキ占い師”と言われるけど、実はさまざまな悩みを抱える人々を“占い”という枠組みを使いながら、発想の転換や価値観をシフトさせることによって解決に導く不思議な魅力を持つ人物。ひょうひょうとしてなぜか憎めない、人を惹きつける主人公をお願いできるのは錦戸さんをおいて他にはいない」と猛アタックした経緯を明かし「科学でも解けない謎=人の心を解決する新しいミステリーにご期待ください」とPRした。

 新感覚の謎解きミステリー『よろず占い処 陰陽屋へようこそ(仮)』(フジテレビ系)は今秋放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える