• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

これは欲しい…松本零士の世界が浮世絵に!

「松本零士 浮世絵コレクション」「松本零士 浮世絵コレクション」発表会が都内で開催され、コレクションの完全監修を担う松本零士、竹中木版五代目摺師・竹中健司、題字を手掛けた書道家・涼風花が登壇した。

「松本零士 浮世絵コレクション」は、「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」「宇宙海賊キャプテンハーロック」など、数々のヒット作を生み出した漫画界の巨匠・松本零士の完全監修の下、伝統を受け継いだ木版技術と人間国宝が創る和紙が融合することで誕生したアート作品。

 松本は「生まれて初めて自分の作品が浮世絵として取り上げていただけて本当にうれしいです。ありがとうございます。子供の頃から絵を描くことが好きで、浮世絵の真似もしてました。絵というのは心で描くものであり、今回のプロジェクトに携わった皆さんの想いが伝わってきます」と熱い胸の内を語った。

 また、コレクションの中でも一段と和のテイストが引き立つ、熊本城復興へチャリティを祈願した作品「侍ハーロックと熊本城」については、「めったに地震の起こらない九州で地震が起こり、若くして命を落とした人もいます。これからも応援をしていこうと思います」と、九州男児である松本らしい、熱いエールを送った。

 続いて、今回のプロジェクトには欠かせない工程である“浮世絵手摺り木版画”について、1200年の伝統を継承する技術を新時代へと提案し続ける老舗「竹笹堂」の刷り師の竹中が、本コレクションに使用されている人間国宝「九代目・岩野市兵衛」手漉き越前和紙について紹介。「岩野市兵衛さんの作る和紙は生きているような和紙なので、岩野さんの和紙を使うことによって、未熟な僕でさえすごくいい作品がつくれる、岩野さんがいてくれなければ困ります」と語った。

 トークセッション後には、書道家・涼風花が90センチ×140センチの大きな和紙を前に筆をとり、作品「銀河鉄道テイクオフ」の題字「夢、希望、そして愛をのせて今ひとたび、天宙を行く」の文字を書くライブ書道パフォーマンスを披露。「本物の諸先輩方と作品を作ることにプレッシャーを感じます」と話しつつも、ダイナミックな筆さばきに、会場は独特の緊張感に包まれた。

 完成後、「いつもは一文字書くことが多いのですが、今回は愛や夢に想いが強いことを表現し、想いがつながるように書きました」と涼。松本は「一筆一筆心がこもっていて素晴らしい。私は文字も書道も絵だと思っております」と、間近でパフォーマンスを目にした感想を明かし、続けて「私は断固として譲らない九州男児。まだこれからもいっぱい描きたいと思っています」と力強く意気込みを語った。

「松本零士 浮世絵コレクション」は直販公式ホームページ(http://broadexpert.tokyo)で販売中。

©松本零士©BROAD EXPERT/2017

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える