• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

日本未公開最新イタリア映画15作&アンコール作品5作一挙上映「イタリア映画祭2017」東京、大阪で開催

107753_01_R 大注目のイタリア映画を一挙上映する「イタリア映画祭2017」が、東京4月29日(土・祝)~5月6日(土)、大阪5月13日(土)~14日(日)の日程で開催される。

 今年で17回目を迎える本映画祭は、毎年1万人を超える観客が訪れるゴールデンウィーク恒例のイベント。今回は、ロベルト・アンドー監督の新作「告解」、さらに名匠マルコ・ベロッキオ監督、パオロ・ヴィルズィ監督の話題作をはじめ、イタリア本国で2016年以降公開されたばかりの新作15作品が日本初お目見えとなるほか、過去の映画祭上映で人気の高かった作品として日本公開、DVD化されていない4作品を含んだ“アンコール作品”5作品も上映される。

また、ブライアン・クランストン主演の大ヒットテレビシリーズ『ブレイキング・バッド』を彷彿とさせるイタリアでヒットしたスリリングなクライムコメディ「いつだってやめられる」、カンヌ国際映画祭を騒がせた衝撃作「幸せな時はもうすぐやって来る」やイタリアらしいユーモアに溢れた作品など幅広いラインナップにも注目したい。またイベントには例年通り、来日ゲストによる開会式や舞台あいさつ、トークセッションも予定している。

【上映作品】
<日本未公開最新作>
「告解」
「花咲く恋」
「幸せな時はもうすぐやって来る」
「かけがえのない数日」
「切り離せないふたり」
「ピューマ」
「ジュリアの世界」
「愛のために戦地へ」
「どうってことないさ」
「いつだってやめられるーマスタークラス」
「君が望むものはすべて」

<特別上映作品>
「スイート・ドリームス(仮題)」
「歓びのトスカーナ」
「La vita possibile(原題)」
「道化師」

<アンコール上映作品>
「夜よ、こんにちは」
「結婚演出家」
「カテリーナ、都会へ行く」
「来る日も来る日も」
「いつだってやめられる」

「イタリア映画祭2017」詳細

■東京
会期:4月29日(土・祝)~5月6日(土)
会場:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11階)

主催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
後援:イタリア大使館 協賛:FCAジャパン株式会社、フェラガモ・ジャパン株式会社
協力:株式会社 帝国ホテル、アリタリア-イタリア航空、株式会社WOWOW

公式サイト:http://www.asahi.com/italia/

※前売り券販売開始は3月25日(土)10:00から
※前売り一般1,450円/学生・60歳以上1,350円、当日一般1,700円/学生・60歳以上1,600円

■大阪
会期:5月13日(土)~14日(日)
会場:ABCホール(大阪市福島区福島1‐1‐30)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える