• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

船越英一郎、NHK情報番組MC抜てきも「発言に責任は持ちません(笑)」

『ごごナマ』 4月からNHK総合でスタートする、平日午後帯の大型情報番組『ごごナマ』(毎週(月)~(金)後1・05)の取材会が行われ、月曜~木曜MCの船越英一郎、美保純、阿部渉アナウンサー、金曜MCの藤井隆、西川きよし、濱田マリ、金曜「ごごウタ」MCの小堺一機ら豪華MC陣が登壇した。

 同番組は、NHKが「オトナの井戸端、作りました」をコンセプトに、約3時間の長尺で送る情報番組。話題のゲストを迎えたトーク、お得な生活情報といったさまざまな話題をネタにゆるいトークを繰り広げる。

“2時間ドラマの帝王”の異名を取る船越だが、情報番組のMCは初挑戦。「私の家にいろんな方たちが遊びに来るという設定で、リビングからお届けするような番組にしたいします。この時間だけは難しい話題ははほかの局にお任せして(笑)、のんびりした午後を過ごしたいな、と思った日だけ見ていただければ(笑)。力の抜けきった3時間にしたい」と、番組のゆるさをアピール。番組には台本が存在しないそうで、「俳優なので、台本がないというのが一番苦手なこと。だから、一切、僕の発言に責任は持ちません!(笑)」と、さっそく自由なトークで報道陣を笑わせた。

 船越とともに番組MCを務める美保は、「私、意外と生放送強いかもしれないと思いました!」と自信をのぞかせ、「ギリギリの下(ネタ)とかは寸止めが慣れているので、越えないと思います。訓練されてるので! でも、私が“アレだよね~”と言ったら観てる人が“アレのことか~”って分かるように、信号を送りたい」と、ギリギリトークに期待をあおった。

 金曜MCの藤井は、相棒となる西川について「先行放送の時に、きよし師匠は録画のVTRが生放送だと勘違いしていらして、録画の食レポに対して『オイシイですかああ!答えな!オイシイですかああああ!』って声をかけてらっしゃいました。そうなったときに自分に何ができるのか。そのとき私はほほ笑むことしかできなかったので、そういうことを楽しみにしつつも、もうちょっと自分ができることを考えないといけないな、と思いました」とエピソードを披露。西川は「(僕は)そんな男です(笑)」と笑いつつ「皆さん真面目な方ばかりですけども、僕は横から楽しくニッチを埋めていく、そんな責任を果たしていきたいと思います」と意気込み、「一番真面目じゃないですか!」とすかさず藤井。抜群のコンビネーションで会場の大爆笑を誘っていた。

『ごごナマ』は、NHK総合にて4月3日(月)後1・05スタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える