• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

テレ東『午後ロー』8月第3週は「自虐の詩」ほか人気邦画を3日連続で放送

 テレビ東京で放送中の『午後のロードショー』(毎週(月)~(木)午後1・25)。常に視聴者の興味を引くラインナップで“午後ロー”の愛称で親しまれている同番組の8月第3週は、人気邦画作品を3日連続で放送する。

 8月13日(火)は、中谷美紀、阿部寛主演、堤幸彦監督の「自虐の詩」(2007)を放送 。同名人気4コマ漫画が原作。 大阪を舞台に、 阿部がコワモテのパンチパーマ、無口で無職のイサオを、そんなイサオを一途に愛して支える薄幸の女・幸江を中谷が演じている。一見不幸に見えるビンボー生活を送る二人のきずなを、堤流に描いたハートフル・コメディ。

 14日(水)は、綾瀬はるか主演の時空を超えた壮大なファンタジー「僕の彼女はサイボーグ」(2008)を。韓国の大ヒット映画「猟奇的な彼女」 のクァク・ジェヨン監督が、可憐だけどパワフルすぎる彼女とちょっと頼りない彼の、ピュアでせつないラブストーリーを演出。綾瀬がサイボーグ役を熱演、そのキュートさで目線をくぎづけに !小出恵介の、その“放っておけない男”っぷりにも注目だ。

 15日(木)は、市原隼人と佐々木蔵之介主演の青春ムービー「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(2008)を。いたずらに情熱を燃やす高校生7人組と、新任駐在さんとの700日にわたるイタズラ合戦の攻防を描いた、心あたたまる作品。市原をはじめ石田卓也、賀来賢人、冨浦智嗣、小柳友ら若手俳優のエネルギッシュな芝居も見逃せない。

夏目健太郎プロデューサーのコメント
「この週、お父さん・お母さんもお盆休み。子供たちも当然夏休み!観光地も道路も、どこも混んでいる。とにかく、外は暑い! どこか出かけるより家でゆっくりすることにした家族。つけっぱなしになっているテレビ。ちょっと見慣れないテレビ番組に、変えたチャンネルでどんな映画をやっていたら喜ばれるのかなって考えてみた。
 家族みんなで見るのなら、知っている俳優さんが出ている邦画のほうが良いのかも 。暑い中、ゆっくりしたいなら肩のこらない作品がいいのかな。家族そろって映画館で見た映画がいいかもしれないけど、タイトルは聞いたことあるけれど、結局見なかった映画でもいいのかも。できれば最近の作品がいいよなぁ。役者さんとか、最近のドラマでも見かける人の方が、少なくても子供たちは楽しみやすいものなぁ。
 そして、あとで、映画の話でもって家族の会話が弾んだら、またチャンネルを合わせてもらえる機会が増えるかもしれない。家族そろって楽しめるファミリー向きの作品。老若男女、幅広い層に好かれている役者さんが出演する作品。気楽に楽しめる作品。できれば見終わって何か胸に残る作品…。
 お盆に家族そろって家庭で映画を楽しむ究極を、担当者の力の限りで選りすぐった作品です。
 映画を見ながら、お盆休みをゆ~ったりとお過ごしください!」

『午後のロードショー』
テレビ東京 毎週(月)~(木)午後1・25

8月13日(火)「自虐の詩」(2007)
8月14日(水)「僕の彼女はサイボーグ」(2008)
8月15日(木)「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(2008)

『午後のロードショー』公式サイト(http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える