• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「あえてギリギリを追求したい」おぎやはぎ&劇団ひとりがdTVオリジナル「ゴッドタン」を語る

dTVオリジナル「ゴッドタン」 映像配信サービス「dTV」とテレビ東京の人気バラエティ『ゴッドタン』が連動し、毎週日曜日に配信されているdTVオリジナル「ゴッドタン」。昨年11月の配信開始から既に20話を配信し、残すところあと4話。これまで地上波の人気企画はもちろん、スピンオフやオリジナル企画に挑戦してきたMCのおぎやはぎ(小木博明・矢作兼)と劇団ひとりが、dTVオリジナル版の印象に残っている企画や思い出のエピソードを語った。

◆これまでに収録した回の中で、印象に残っている企画や思い出のエピソードなどはありますか?

ひとり:一番面白かったのは「ヒドイ女サミット ルーキー大会」かな(第20話)。業界では有名な話かもしれないけど、さらば青春の光・東口と鬼ヶ島・和田のエピソードは衝撃的だったよね。

「ヒドイ女サミット ルーキー大会」(第20話)

「ヒドイ女サミット ルーキー大会」(第20話)


矢作:ストーリーが複雑だし、真相に驚愕したね。登場人物がたくさん出てきて、それぞれに悪いところがあるんだけど、最終的にはある事務所の社長が絡んでいたなんて…。

ひとり:そういう噂話っていつもは表面的なことしか伝わってこないけど、真相を探っていったら知らないことがいっぱい隠されているなと。なんか、海外ドラマの大作を見ているような気分になりましたね(笑)。

矢作:話を聞くと、確かに東口は悪いことしているんだけど、最終的に全部を自分一人で背負っていたのは、少しカッコよく見えたしね。

小木:こういう普通なら触れられないエピソードを聞けちゃうのは、dTVならでは企画だと思うね。個人的にはドラマ化してほしいくらい。

矢作:あとは、セクシー系の企画にたくさん挑戦したのも、dTVならではかな。

ひとり:第2話(「セクシー女優愛確かめ選手権」)にゲストで登場した、天使もえさんがものすごくかわいかったよね!収録の後すぐにDVDを買っちゃって。スタジオに登場した時、彼女は全然エロティックな雰囲気が出ていなかったのが新鮮だった。

矢作:俺は「飲みカワ」に出た佐山彩香(第10話)!とにかく、すごくかわいいかった。

「アイドル飲み姿カワイイGP」(第10話)

「アイドル飲み姿カワイイGP」(第10話)


小木:あの子は本当にかわいかったよね。

矢作:ただ、その次がひどかった。セクシー番長の小田飛鳥と城田あやの2人(第12話)。あの人たちは絶対に一緒に飲んじゃいけない人だよ(笑)。

「アイドル飲み姿カワイイGP」(第12話)

「アイドル飲み姿カワイイGP」(第12話)


小木:俺は「お悩み解決選手権」に出たセクシー女優の羽月希さんが大好きで、よく彼女のDVDも見ていたんだけど、その収録回の時にノロウイルスにかかっちゃって、会えなかったのがすごく残念。(第14話)

「セクシー女優のお悩み解決選手権」(第14話)

「セクシー女優のお悩み解決選手権」(第14話)


矢作:それは残念だったね(笑)。

◆今後、dTVオリジナル「ゴッドタン」でやってみたい企画はありますか?

ひとり:地上波では、これまでいろいろな所で活躍している人に出てもらったから、dTVでは“ちゃんとしていない人”に出てもらいたいですね。dTVで活躍してから地上波に出るみたいな。スターを発掘していきたいです。例えば、「口喧嘩タレ打ち」で小木さんとけんかして、なぜか脇を見せてた子とか良かったよね(第7話)。

「小木博明の口喧嘩タレ打ち」(第7話)

「小木博明の口喧嘩タレ打ち」(第7話)


小木:池田裕子さんね。あの子は話していて面白かったなあ。ああいう危ない子を発掘していきたいね。

ひとり:池田さんみたいな、笑いにおいてどっちに転ぶか分からない子。あえてギリギリを追求したい。dTVなら失敗しても構わないという気持ちでやっているからね。

矢作:果たして、それが良いのか分からないけれど…(笑)。

dTVオリジナル「ゴッドタン」
出演者:おぎやはぎ、劇団ひとり、松丸友紀
演出:佐久間宣行
配信日:毎週日曜更新
配信話数:第1~20話(全24話を予定)

特設サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005048

©BeeTV・テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える