• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

w-inds、ソナポケ、三浦大知、遊助ら12組がパフォーマンス!「LOVE BOX 2017」Phレポート

「LOVE BOX 2017」 ライブイベント「musicるTV × BREAK OUT presents LOVE BOX 2017」が4月1日、代々木競技場第一体育館で開催。過去最多となる12組のアーティストたちが熱いパフォーマンスを披露した。

 開場中には、平均年齢16歳のガールズバンド「GIRLFRIEND」がmusicるTV LOVES アーティストとして登場。大塚愛「さくらんぼ」のカバーのほか、今年2月にリリースした2ndシングル「一直線」を披露した。

 オープニングアーティストは、3人組ボーカルユニット・ベリーグッドマン。コールアンドレスポンスで会場を温めると、「コンパス」をアカペラで披露し、そのままメッセージソング「ライトスタンド」へ。ラストは、3月発売のアルバム「Spring Spring Spring」より「はじまりの恋」を披露した。

 オープニングでは、「musicるTV」MCのヒャダイン・綾小路翔と、「BREAK OUT」ナビゲーターのIMALUが登場。イベント恒例となった手でハートを作るコールアンドレスポンスでライブがスタートした。

 最初のアーティストは、6人組ダンス&ボーカルグループ「原駅ステージA(エース)」。重厚感のあるビートに乗せ、キレキレで力強いソロダンスを披露。続いてダンスに歌を乗せた「Rockstar」、MCをはさんで3月にリリースした2ndシングル「キャノンボール」「青い赤」へ。「青い赤」では、より激しいダンスに加え、ラップのような歌い回しもこなし、堂々たるパフォーマンスで会場を沸かせた。

 E-girlsから飛び出した3人組ガールズヒップホップユニット・スダンナユズユリー。本格ラップが繰り広げられる「こんにちWhat’s up!」で会場を一気に縦ノリにすると、今年3月にリリースされた1stシングルから「OH BOY」へ。ラスト「First Time」では、MC YURINOと須田アンナ2人のラップが迫力のパフォーマンスでステージを飾った。

 韓国の男性7人組ユニット・Block B。バックダンサー6人を引き連れ「Very Good(Japanese Version)」でスタートすると、3月にリリースしたばかりの日本5thシングル「Yesterday(Japanese Version)」を披露。MCをはさみ、リーダーのZICOが書き下ろしたミドルバラード「Toy(Japanese Version)」「Walkin’ In The Rain(Japanese Version)」へ。ラストは、アップテンポでラップが冴え渡る「HER(Japanese Version)」で締めくくった。

 ダンス&ボーカルユニットw-inds.。バックダンサーを引き連れて登場すると、今年3月にリリースした2年ぶりのオリジナルフルアルバム「INVISIBLE」より「Boom Word Up」を披露。続けて「Drop Drop」「夢で逢えるのに~Sometimes I Cry~」へ。MCをはさんで「INVISIBLE」「We Don’t Need To Talk Anymore」。ラストは、「Let’s get it on Remix」「New World Remix」とダンスナンバーを続け、世界レベルのパフォーマンスを見せつけた。

 転換中には、19歳の女性声優兼シンガー・佐々木李子。初の大舞台ながらスピッツの「春の歌」、2017年夏に公開のTVアニメ「クリオネの灯り」の挿入歌となる「百日の花-ヒャクニチノハナ-」を堂々と歌い上げた。

そして今年デビュー20周年を迎えた三浦大知。「Right Now」「music」し、MCをはさんで珠玉のバラード「ふれあうだけで ~Always with you~」をマイクなしのアカペラで聞かせた。さらにアップテンポなダンスナンバー「EXCITE」「Cry&Fight」と続き、ラストは、今年3月リリースした6thアルバム「HIT」より「Darkest Before Dawn」で締めくくった。

 福島のダンススクール「Dance Studio ViVid」から生まれたFabulous Sistersが登場。世界一となった総勢31名による圧巻のダンスを披露した。

 続いて、4月に7thアルバム「あの・・いま脂のってるんですケド。」をリリースする遊助が登場。「Take me out to the ball game ~あの・・一緒に観に行きたいっス。お願いします!~」「ひまわり」「That Love」を愛を込め歌い上げ、「That Love」では、黒い服に包まれたバックダンサーと曲のムーディーな世界観を表現した。そして「流れ」「俺なりのラブソング」を続けてしっとり歌い上げた。ラストの「ミツバチ」では、会場中がタオルを振り回し、ステージと一体になった。

 転換中には、4人組ダンスボーカルユニット・新しい学校のリーダーズ。卒業式の定番曲「旅立ちの日に」をアカペラで歌うと、急にハードなテクノサウンドに切り替わり「宮尾」を披露。そして「学校行けやあ゛」へと続き、独特な世界観で会場を沸かせた。

 「LOVE BOX 2017」のラストを飾ったのは、Sonar Pocket。「GIRIGIRI」「ファンファーレ!」「ソナポケ☆DISCO」で会場は一体に。4月リリースの25thシングル「一生一瞬」では、想いのこもった歌に会場は静かに聞き入った。ラストはスクリーンに多くの人たちから集めたLOVE写真が映し出され、「365日のラブストーリー。」を熱唱した。

 エンディングでは、MCの3人と出演アーティスト全員がステージに再登場。会場全員がハートをつくり「LOVE BOX 2017」は幕を閉じた。

 場外特別ステージでは、1 FINGER、Candy Boy、こんどうようぢ with M!LK、りんご娘、原宿物語、福島Dance Studio ViVidパフォーマンスメドレー、Block Bがパフォーマンスし、観客と盛り上がった。

『musicるTV × BREAK OUT presents LOVE BOX 2017』
会場:東京・国立代々木競技場第一体育館
日程:4月1日(土)

<出演アーティスト>
■メインステージ
w-inds./スダンナユズユリー/Sonar Pocket/Block B/三浦大知/遊助/原駅ステージA(シューティングアクト)/ベリーグッドマン(オープニングアクト)

■musicるTV LOVES アーティスト
新しい学校のリーダーズ/GIRLFRIEND/佐々木李子/「Fabulous Sisters」(ファビュラスシスターズ)

■場外特別ステージ
Candy Boy/こんどうようぢ with M!LK/原宿物語/Block B/りんご娘/1 FINGER

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える