• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

AKB48チーム8 結成3周年前夜祭 さいたまSAで開催

「TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー~47の素敵な街へ~チーム8結成3周年前夜祭 in さいたまスーパーアリーナ」 AKB48チーム8が、結成3周年を前日に控えた4月2日、お披露目の舞台となったさいたまスーパーアリーナで単独コンサート「TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー~47の素敵な街へ~チーム8結成3周年前夜祭 in さいたまスーパーアリーナ」を開催した。

「会いに行くアイドル」の活動として、2014年12月から始まった全国ツアーも、今回で27か所目。公演の前には、お祭りのコーナーや、グループイチの“エイター”を自称するAKB48の田北香世子も参加したラジオ企画、また“長過ぎる”前座ライブも行われ、3周年を祝って開演前から会場を盛り上げた。

 昼公演の幕開けは、まさかのミュージカル。中野郁海(鳥取県)が、クラスメイトのメンバーたちに励まされ片想いの相手(観客)に告白するまでを、「挨拶から始めよう」「RIVER」などを織り交ぜながら演じた。

 ユニットコーナーでは、 ヒューマンビートボックスパフォーマーのKAIRIとコラボした「思い出以上」、テーブルクロス引きを交えた「週末Not yet」、小田えりな(神奈川県)ボーカル、長久玲奈(福井県)アコースティックギター、高岡薫(愛媛県)バイオリンによる「二人セゾン」などが披露された。

 また、新たな大分県代表になった山田杏華が、大観衆の前に1人現れ、「First Love」を緊張感たっぷりながらも初々しくパフォーマンス。「今日からあなたも杏華推し!」という自己紹介も披露し、早くもファンの心をつかんだ。

 中盤では、メンバーを個性ごとにシャッフルした企画を。まずは、横山結衣(青森県)、山田菜々美(兵庫県)らによる「チームダンス」が登場。「Escape」「How come?」を圧巻のダンスで披露した。

 続いては、岡部麟(茨城県)、佐藤栞(新潟県)らによる「チームアダルト」。「Green Flash」「飛べないアゲハチョウ」を、大人メンバーならではの魅惑的なパフォーマンスで魅せた。

 最後は、坂口渚沙(北海道)、小栗有以(東京都)らによる「チームキュート」が、「走れペンギン」「ハッピーエンド」をアイドル全開でパフォーマンスした。

 終盤に向けては、「星空を君に」「思春期のアドレナリン」「制服の羽根」など、チーム8のオリジナル楽曲を6曲続けてパフォーマンス。会場からは、ひと際大きなコールが上がった。

 アンコール明けには、岡部麟(茨城県)がボーカルを務めるバンド「ザ エイトルズ」が登場し、「ロックだよ、人生は…」「ヘビーローテーション」などを生演奏で披露した。

 夜公演前にも前座ライブを実施。開催地の埼玉県代表の高橋彩音が選曲したセットリストで、関東エリアメンバーが本編開演前から会場を盛り上げた。
 
 ユニットコーナーでは、人見古都音(岡山県)らがモデルのようなウォーキングを披露してからの「She’s gone」、昼公演でステージデビューしたばかりの山田杏華(大分県)が倉野尾成美(熊本県)を福地礼奈(佐賀県)と入れ替えるマジックを披露した「となりのバナナ」、谷口もか(宮崎県)、谷川聖(秋田県)、谷優里(広島県)によるユニット“タニーズ”による「ツンデレ」などをパフォーマンスした。

 メンバーをシャッフルした「チームダンス」「チームアダルト」「チームキュート」は、昼公演とは楽曲を変え、それぞれのチームが個性あふれるたパフォーマンスを披露した。

 地元開催となった高橋彩音は「桜の木になろう」「桜の花びら」でこの日のために特訓したというピアノを披露。また、AKB48最新シングル「シュートサイン」などではセンターを務めた。

 最後には、この日の公演で開催地代表メンバーとしてさまざまな場面で活躍を見せた高橋に、サプライズで両親からの手紙が。いつも見守り支えてくれる両親からの言葉に涙する高橋に、会場からは温かい拍手が送られた。

 この公演では、4月30日(日)に鹿児島県、5月20日(土)に宮城県で全国ツアーが開催されることが発表されたほか、今夏から太田奈緒の冠番組がKBS京都でスタートすること、8月にお笑いコンビ・トップリードプロデュースの新公演を開始することが発表された。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える