• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

上戸彩、少し早めのバースデープレゼントにご満悦

 ハンドバッグを中心にアパレル、シューズなどを展開し、女性に人気のブランド「ケイト・スペード ニューヨーク」の20周年記念イベントが8月14日、六本木にて行われ、ブランドのファンだと公言する上戸彩が登壇した。

 上戸は「大ファンのブランドのイベントに呼んでいただいて本当に光栄です。女性らしいものもあれば、かわいらしいものもあり、それが合わさるとまた魅力がアップする、最高のブランドですよね」と話した。

 さらに「先日もお店に行きました。その時は友達や先輩の米倉涼子さんの誕生日プレゼントを買いに行きました。グラスや写真立てなどもあるので、その中から選びました」と、プライベートでもよくお店に足を運ぶことを明かした。

 身にまとった黒いドレスは「ケイト・スペード ニューヨーク」の秋冬コレクションのイチオシでもあり、そのまま上戸にプレゼントされた。「直接ご褒美をもらった気がしてとてもうれしいです。ありがとうございます。黒って大人っぽく、おとなしいイメージがありますが、そこはケイト・スペードらしく、ビビッドな色のアクセサリーなどをプラスして、元気になるようなファッションがおすすめです。逆にアクセサリーを控えめにすると
普段でも着られるし、いろんな楽しみ方ができますね」と笑顔を見せた。

 会場には同ブランドのCEOのクレイグ・リービットと、プレジデント兼最高クリエイティブオフィサーのデボラ・ロイド、代表取締役社長の柳澤綾子も登壇し、「ケイト・スペード ニューヨーク」の20周年記念と、一か月後の9月14日に誕生日を控えた上戸に向けて、特大のオリジナルバースデーケーキが登場し、会場を盛り上げた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える