• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

猫写真100枚を大放出&動物トレーナーインタビュー公開!「ねこあつめの家」4・8公開

映画「ねこあつめの家」©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会 いよいよ4月8日(土)から公開される映画「ねこあつめの家」。公開を記念し、出演猫の秘蔵写真100枚と、動物プロダクション「グローバル・アニマルアクト」の江上緑さんのインタビューが公開された。

人気アプリ「ねこあつめ」を映画化した本作。スランプに陥った小説家と、彼のもとを訪れる猫との生活を描く。主人公の小説家・佐久本を伊藤淳史、佐久本の担当編集者・ミチルを忽那汐里が演じるほか、「うめほのり」のCMなどで活躍するシナモン(しゃはちさん役)、連続テレビ小説『あまちゃん』のドロップ(みけさん役)、ドラマ『最高の離婚』のゆず(しろちゃとらさん役)といったスター猫も数多く出演する。

今回、本作に出演する猫たちのもっふもふ秘蔵写真100枚が大放出。真っすぐこちらを見つめたり、ストーブの前で暖を取ったり、猫同士じゃれあったりと、猫好きにはたまらない萌え写真が大量にラインナップされている。

また、本作で動物トレーナーを務めた動物プロダクション「グローバル・アニマルアクト」の江上緑さんのインタビューも到着。江上さんは「ゲームはもともと知っていてやってもいたので雰囲気は大体想像できましたが、(映画化は)ちょっと難しいなと思いました」と当初の不安を吐露しつつも、「スタッフが『猫侍』を撮ったチームだと聞いていたので、大変さはご存じだろうなと思って、大丈夫だろうと思いました」と信頼を置けるスタッフとのタッグを喜んだ。

出演猫はかなり吟味してセレクトしたそうで、「逃げたらダメですし、猫同士が仲良くしなくちゃいけないというのもあったので、かなり選びました」とコメント。また、タレント向きの猫の特徴について「かわいければいいというわけではなく、シナモンのようにどこに行っても普段のままでいられて、誰に対しても怒ったり逃げたりしない子。やっぱり、もともとの性格が大きいと思います。穏やかで物怖じもしない子がタレント猫には多いです」と明かした。

主演の伊藤については「伊藤さんは犬を飼ってらっしゃる犬派の方ですが、とても猫をかわいがっていただいたので、伊藤さんでよかったなとすごく思っています。猫はバタバタした感じの人が苦手ですけど、伊藤さんには穏やかに接していただいて。だから、猫たちもこうやっていい感じでいられたのだと思います」と太鼓判を押していた。

本作で驚かされた猫の演技について聞かれると、「おはぎという子は、今回ほぼ初めての演技なんです。もともと遊び好きだというのは分かっていましたが、飽きずに頑張ってやってくれましたね。猫って結構すぐに飽きちゃうんですけど、おはぎは飽きずにやってくれて。『お、頑張ってくれてるな』と思いましたね」とその演技力(?)を絶賛していた。

最後に「これまで私も猫の映画を結構観てきましたが、これだけたくさん猫が出ている映画はないなと思いました。1つの画面の中に、あれだけたくさんの猫が一緒に写っていて、しかも楽しそうにしているのがいいなと思いました」と本作をアピールした。

映画「ねこあつめの家」
4月8日(土)より新宿武蔵野館ほか全国公開

公式HP:http://nekoatsume-movie.com/

©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える