• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ワイルド・ダンディ・アウトロー!メル・ギブソン主演映画「ブラッド・ファーザー」場面写真公開

112388_001_R 6月3日(土)より全国公開される、メル・ギブソン主演最新作「ブラッド・ファーザー」。メル・ギブソンが演じるのは、元犯罪者のジョン・リンク。「マッドマックス」シリーズにて激しいアクションを披露してきたメル・ギブソンが、ついに荒野で完全復活。今回、そんなメル・ギブソンの魅力がたっぷり詰まった3点の場面写真が公開された。

 仲間をかばうために真実を話さず、牢屋入りとなった男ジョン・リンク。釈放後は荒野のトレーラーハウスでタトゥー屋を営みながらひっそりと暮らしていた。しかし、行方不明となっていた娘リディアからの一本の電話により状況は一変。マフィアの争いに巻き込まれ、命を狙われる娘を守るため、ジョンは戦いに身を投じることになる。

今回公開された写真の1枚目は、娘を救うためにバイクで荒野を駆け抜けやって来たジョン・リンク。青いシャツにジーパンでバイクにまだがるワイルドな姿、そしてサングラス越しにマフィアを見据える様は「マッドマックス」「リーサル・ウエポン」などで激しいアクションを披露したメル・ギブソンが、このシーンの直後に大暴れするのを期待させる。2枚目の写真には、獄中時代の仲間の力を借りるため、収容所へ向かうジョンの様子が。バイクにまたがるワイルドな格好から打って変わり、きっちりとスーツを着こなすメル・ギブソンはダンディズムがあふれている。3枚目の写真ではマフィアと銃を奪い合うジョン・リンクの姿が。窓の割れた車、そして鬼のような形相でマフィアと争うジョン。娘リディアを守ろうとするジョンと彼女を殺そうとするマフィアとのアウトローな戦いが垣間見える。果たして、ジョンは娘をマフィアの手から救うことができるのか?

映画「ブラッド・ファーザー」は、6月3日(土)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

<作品情報>
トレーラーハウスでアルコール中毒のリハビリをしながら細々と暮らす男、ジョン・リンク。血生臭い世界から足を洗った元犯罪者の彼のもとに現れたのは、数年前から行方不明になっていた一人娘のリディアだった。ギャングとトラブルを起こし、警察にも殺し屋にも追われる身となった娘を守るため、父親はこれまで培ったアウトローのサバイバル術を駆使して敵を迎え撃つことを決意する。

■スタッフ
監督:ジャン=フランソワ・リシェ
脚本:ピーター・クレイグ
■キャスト
メル・ギブソン、エリン・モリアーティ、ディエゴ・ルナ、ウィリアム・H・メイシー

© Blood Father LLC, 2015 © Blood Father LLC, 2015

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える