• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

井上三太「TOKYO TRIBE」実写版は鈴木亮平&YOUNG DAISのW主演!

(C)2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS (C)SANTASTIC!ENTERTAINMENT 2013

 井上三太の人気コミックを実写映画化する「TOKYO TRIBE」で、鈴木亮平と一般オーディションから大抜擢されたラッパーのYOUNG DAIS(N.C.B.B.)がダブル主演キャストに決定した。

「TOKYO TRIBE」は、累計200万部を売り上げ、アジアをはじめ海外でも絶大な人気を誇る井上三太による伝説の漫画「TOKYO TRIBE2」の初の実写化。「冷たい熱帯魚」「愛のむきだし」「ヒミズ」などで知られる園子温監督がメガホンを執る。

 鈴木亮平が演じるのは、街を牛耳る「ブクロWU-RONZ」のボス・メラ。YOUNG DAISはメラが敵視する「ムサシノSARU」の海(カイ)を演じる。

 YOUNG DAISは、北海道を拠点に活動し、HIP HOP界では才能を高く評価されるラッパーで、今回一般オーディションから大抜擢され、本作から芸能活動をスタートさせる。

 メラ役の鈴木は「この時代に生きる俳優として、園監督と作品を創れることは、とても幸せです。自分のこれまで培ったすべてを動員し、園監督の色に頭からつま先まで染まりたいです」と。カイ役のYOUNG DAISは「正直、驚きと信じられない思いでいっぱいです。演技すること自体初めてなので“挑戦”をテーマに、そして自分の可能性を信じて、すべてにチャレンジ精神を持って臨もうと思っています」と意気込みを語っている。

 また、園監督は「鈴木君はスーパーアクションができるプロアクター、対して、演技は素人新人北海道が生んだラッパーのダイスくんがラップで勝負!! 2人が撮影現場でどれだけのものを見せつけてくれるか楽しみです。ど迫力の面白すぎるほどの痛快な映画にします!どうぞお楽しみに」と主演の2人に期待を寄せている。

 映画「TOKYO TRIBE」は、2014年公開予定。

映画「TOKYO TRIBE」
8月下旬 撮影開始、2014年公開予定
原作:井上三太
脚本・監督:園子温
配給・宣伝:日活
公式サイト(http://tokyotribe-movie.com/)

(c)2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える