• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松山ケンイチが吉永小百合と初共演 「BUDDHA2手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―」

「BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―」(c)2014「手塚治虫のブッダ2」 製作委員会

 手塚治虫の名作コミック「ブッダ」のアニメ映画化第2作「BUDDHA2手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―」で、2011年公開の第1作からの続投となる吉永小百合、吉岡秀隆、観世清和、水樹奈々に加え、新たに松山ケンイチがボイスキャストとして参加することが決定した。

 松山は、コ―サラ国軍に母と姉を殺され復讐に心を燃やす盗賊タッタを演じる。第1作から続投の吉岡は、苦しみから逃れる答えを探す旅を続けるシッダールタ、観世は、コーサラ国に奴隷の身分の女性を王妃として嫁がせたことで悲劇を起こしてしまうシャカ国の王・スッドーダナ王、水樹は、シッダールタがかつて愛した女盗賊ミゲーラ、そして吉永は天上人となりシッダールタの行く末を見守るマーヤー天を演じる。

 松山は、「ブッダはとても好きな作品で、特に思い入れがあるタッタをやらせていただけることはとても光栄に思っています。少年時代の特殊な能力がなくなり、人間の性に翻弄される大人になったタッタをしっかりと演じ切りたいと思っています」と出演への熱い思いを語った。

 吉永は「手塚治虫さんの大ファンの私はパート2が作られるのは大変うれしいです。ブッダの母の声で作品をより分かりやすく見ていただけるよう努めます。楽しみです」とコメントを寄せた。

「BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―」は、2014年2月8日(土)公開。

「BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―」
2014年2月8日(土)全国ロードショー
(c)2014「手塚治虫のブッダ2」 製作委員会

■「BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―」キャスト&キャラクター
吉永小百合/マーヤー天
シッダールタの母で、シャカ国の王妃。光の中、6本の牙の象が身体に入る啓示を受けて、シッダールタを懐妊。息子に「シッダールタ(目的を遂げる者)」という名前を託して、産後7日後に息を引き取る。三十三の神々がいる天界に生まれ変わり、天上人・マーヤー天としてシッダールタの先行きを見守っている。

吉岡秀隆/シッダールタ
シャカ一族のシャカ国の世継ぎとして誕生。武芸にも秀でた王子として成長するが、身分差別や生きるものの死に心を痛めるようになる。対立するコーサラ国との望まざる戦いを経て、すべてを捨てて真実を求めるために旅へ。生きとし生けるものの苦しみを救うため、修行僧となるが、至らない自分自身に思い悩む。

松山ケンイチ/タッタ
シャカ国と敵対するコーサラ国軍に家族、友人を惨殺され、コーサラ国への復讐を誓う。復讐を成立させるため、盗賊となってシャカ国の世継シッダールタを捜す。かつては、動物に乗り移る特殊能力を持っていたが、大人になって、イノセントな心を失い、同時に特殊能力も失ってしまう。

観世清和(能楽観世流二十六世家元)/スッドーダナ王
シャカ国の王で、シッダールタの父。自らの立場を重んじ、民にも心を配る名君。それだけに、世継ぎの地位を捨て旅に出たシッダールタを心配しながらも、心を痛めている。コーサラ国に奴隷の身分の女性を王妃として嫁がせたことで、その夫となったパセーナディ王と息子・ルリ王子から恨みを買うことに。
水樹奈々/ミゲーラ
かつてシッダールタが愛した女性。盗賊ながら、弱き者を助けている。シッダールタと想いを通い合わせるようになるも、身分の違いを理由に捕らえられ、引き裂かれてしまった。その際、王子を二度と見れないように目を焼かれた。現在はタッタと暮らすが、そんな中で修行僧となったシッダールタと再会する。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える