• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『MIWA』会見に“空前の豪華キャスト”集結!野田秀樹も「本当だな」

 舞台『MIWA』の製作発表会見が行われ、宮沢りえ、瑛太、井上真央、小出恵介、浦井健治、青木さやか、池田成志、古田新太ら、豪華な顔触れが登壇した。これには作・演出の野田秀樹も「(登壇直前、会場に流れた宣伝用VTRで)“空前の豪華キャスト”って言ってるけど、本当だなって思った」と改めて実感するほど。

「戦前から生きてきた人の人生を描きたかった」という野田が、美輪明宏の半生をモチーフにして描く本作。歌手、俳優として、また“愛の伝道師”として圧倒的な存在感を放つ美輪明宏の魅力を、野田は「世の中で“化け物”と呼ばれる人はたくさんいるが、78歳になってもずっとバレない。ずっと化け物で居られる凄みのようなものを感じる」と評した。

 野田にとっても出演者にとっても、チャレンジな作品になることは確か。主人公のMIWAを演じる宮沢も「初めにお話を聞いたときは『あの美輪さんですか!?』と聞き返してしまいました」と驚きを語る。しかし「野田さんを信頼していますし、その野田さんが私にと仰るなら出来るんじゃないかと。今はまだどう演じるかプランはないけれど、稽古でグイグイ見つけていきたい」と意気込んだ。

 一方、NODA・MAP初参加の瑛太は「気負わずに出来ればと思っています。宮沢さんとはドキドキするシーンがあるようなので、最後までドキドキしてやりたい」と語った。対して「NODA・MAPになってから多分一番出ている」と語る古田は「今、ものすごく分かりやすい舞台が増えて客もバカになっている。野田さんの作品は難解な部分があって、この間やった唐十郎さんの本もまったく分からなかった。野田さんには頑張ってほしいし、自分もお役に立てれば」と厳しくも演劇への思いを感じさせるコメント。

 会場では、美輪明宏と野田の対談VTRも流され、その中で美輪は「またあのイタズラ小僧(野田)が、と思ってね。野田さんだったらでたらめをやられても面白いんじゃないかしらって。リアルにやられても困るしね」と舞台化を了承した理由を説明。また出演者にも「今回一番かわいそうなのは宮沢りえさんよ。出演者の皆さんもご愁傷様」とユーモアたっぷりにエールを送った。

NODA・MAP『MIWA』
作・演出:野田秀樹
出演:宮沢りえ、瑛太、井上真央、小出恵介、浦井健治、青木さやか、池田成志、野田秀樹、古田新太 ほか
東京公演:東京芸術劇場 プレイハウス 2013年10月4日(金)~11月24日(日)
大阪公演:シアターBRAVA! 2013年11月28日(木)~12月1日(日)
北九州公演:北九州芸術劇場 大ホール 2013年12月6日(金)~8日(日)
[チケット]8月24日(土)全国一斉発売
NODA・MAP『MIWA』HP(http://www.nodamap.com/miwa/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える