• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岩城滉一のお宝バイクに驚きの鑑定額

 ヒストリーチャンネルで放送中のリアルドキュメンタリー『アメリカお宝鑑定団 ポーン・スターズ』(毎週月曜日 後10・00)の名物親子リック&コーリー・ハリソンの初来日イベントが行われ、リック&コーリーと番組の大ファンだという伊集院光、岩城滉一が出席した。

 来日記念のPR番組の企画でリック&コーリーから自身のお宝を査定してもらったという伊集院は「テレビで見ているときだとすっごい面白い駆け引きなんですけど、いざ自分がこの目線で見られながら『君が言っている値段は僕がお店で出す値段だよね?』とあの番組と同じセリフをいわれたときの『僕の負けです』っていうあの感じ。心臓のバクバクが止まらないあの感じ。それを経験してよりドキドキしています」とお宝を持ち込んだオーナーの気持ちを体感した感想を明かした。

 さらに番組の魅力について伊集院は「リアルでフェアな駆け引きが面白い」とコメント。「お宝を100ドルだと思うお客さんに対して『これ本物だからそんな値段じゃ済まないからちゃんと見てみたほうがいいよ』というところ。だまし合いみたいな世の中だから、こういうやり取りを見ると日本でもアメリカでも真面目にご商売してる人がいるんだと、わりとそういうところが好きで見ちゃう。そんなところが見ていて気持ちいい」と番組の魅力だと語った。

 そんな伊集院光の発言を受けてリックは「正直にしていれば売りに来てくれたお客さんがまた友達に話してくれるし、正直にしなければそれをまた話されてしまう。とにかく僕は正直なので、アメリカで1番成功している質屋なんだと思う」と商売の秘訣を明かした。

 宝物のバイク2台を引っさげて登場した岩城は、バイク好きでバイクのコレクターでもあるコーリーにその場で鑑定を依頼。65台のバイクを所有し、バイクレースにも参加するという岩城は、過去280人の死者を出したマン島のバイクレースで数年間ずっと勝ち続けたバイクと、1963年に売り出すために制作されるもエンジンが二気筒になって結局売り出されなかった一気筒のテストモデルの2台を持参。2台まとめての推定買取り額を9万ドルと予想し、見事コーリーの査定額を的中させた。

 査定を終えたコーリーは「パーフェクトなコンディションで、ただこれを売るにはバイク好きのこれにぴったりの人を見つけなくてはならない。本当のバイク好きはいくらでもお金を使うんですね。なので9万ドルと査定しましたが、もしもこのバイクが好きで欲しい人がいたら25~30万ドルで売れちゃうかもしれません。必ずどこかにこれが欲しくて探し続けている人がいるんです。そういう人はこれを見つけたら何としてでも手に入れたいと思って、いくらでも払いますよ」と語った。

 岩城はコーリーの買取価格が出て、売るかどうか尋ねられると「ぼくが思っていた金額とほぼぴったりに近かった。だから墓の中まで持ってきます」と断言。伊集院もこの岩城の態度に納得しながら「だってこれが欲しいって人がいたらどんどん値が上がると言っていたし、その欲しい人なんですもんね。ずっと持っていたい人なんですもんね。それは妥当な値段がついても手放せないと思う」と語った。

 最後は、番組について「すべてのことにちゃんと勉強されていることが素晴らしいなあと思う。これからは姿勢を正してもっと真面目に見ます」と岩城が語り、伊集院は「これからもハードディスクレコーダーが『~ポーン・スターズ』で埋まっていくと思う」とコメント。リックは「とにかく番組を見続けてください。私たちは楽しい娯楽番組ファミリー番組を作ろうと努力しています」とPRした。

『~ポーン・スターズ』は、ハリソン家親子三代で経営する老舗質店ゴールド&シルバーを舞台にした鑑定番組。アメリカで2009年に放送スタートし、ケーブルテレビ全米No.1視聴率を獲得。現在も高視聴率を誇り、お宝番組ブームの火付け役に。日本では2010年11月からシーズン1が放送され、現在はシーズン6を放送中。この人気に伴い、リック&コーリー親子は日本を皮切りにアジアツアーを展開していくという。

『アメリカお宝鑑定団 ポーン・スターズ』は、ヒストリーチャンネルで毎週月曜日後10・00から放送中。

ヒストリーチャンネル公式サイト(http://www.historychannel.co.jp/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真