• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

40年に渡り撮り続けた若者たちのドキュメンタリー

聖ステパノ農場跡/かつて若者たちが暮らした住居

 アマゾン開拓を夢見て海を渡った若者たちの消息を追ったドキュメンタリー『帰郷~アマゾン開拓の夢、その果てに…~』がBSフジで8月24日(土)に再放送される。

 この番組は『家路』『追憶』と戦後間もなく生まれた孤児たちの数奇な人生などを追ったドキュメンタリー番組の第3部作で、これまで消息が分からなくなった孤児たちの行方を40年以上の歳月を経て辿ってきた。

 放送後には「US国際フィルム&ビデオ祭2013」にて世界27か国、1000以上の応募作品から入賞に選ばれ、視聴者の反響の大きさから今回が3度目の放送となる。

 駐留軍兵士と日本人女性の間に生まれ「敵国の子」と激しい差別を受けてきた18歳の孤児たち。戦後20年経過してもなお社会の偏見は強く、9人の若者はブラジルの農園施設へと渡航していった。しかし農園の10年も経たないうちに農園は閉鎖となり、アマゾンの奥深くへと分け入った者、出稼ぎで日本に戻った者、元の農場そばに留まった者など若者たちはちりぢりになってしまう。

 故郷を失った若者たちの9通りの人生とは一体…。完全ノンフィクションで送る彼らの壮絶な人生が色濃く映し出される。

『帰郷~アマゾン開拓の夢、その果てに…~』は、BSフジで8月24日(土)後3・00から放送。

BSフジ公式サイト(http://www.bsfuji.tv/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真