• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

仮面ライダー電王Blu-ray BOX第3弾の特典は関俊彦、遊佐浩二ら人気声優4人の座談会!

©石森プロ・東映

©石森プロ・東映

9月13日(水)発売「仮面ライダー電王 Blu-ray BOX3」の新規映像特典に、関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一の人気声優4人による座談会を収録することが決定した。

座談会収録のため久しぶりに集まった4人。 「こういう形で4人が集まって話ができることはとても幸せなこと。応援してくれるファンの方がいて、そのエネルギーが10年たっても途切れることがない、そういう作品なんだなとあらためて思いました」(関)、「10年経っても、皆からいろいろな話が出てくるということは、同じ思い出を共有しているんだと実感しましたし、皆の愛情をあらためて感じました。1年間収録していたときのまま話してる感覚でした」(遊佐)、「当時は1人ひとり必死だった。それが『電王』という良い作品になったんじゃないかな。10年たっても楽しかった思い出しかないですね」(てらそま)、「10年たったことが自分の中でピンと来てなかったけど、ますますピンと来なくなりましたね。戻ってしまった気分(笑)。取材とかで皆さんと話す機会が多かった作品でしたけど、皆で話す感じがすごく好きだったので、またそれが今日できたこと、こういう機会を作って頂けたことに感謝しています」(鈴村)とそれぞれコメント。

5月10日から発売される『仮面ライダー電王 Blu-ray BOX』については「Blu-rayには『イマジンあにめ』や僕たちの(座談会)映像特典が入ってますからね!これがご購入の後押しになるといいんですけど(笑)。ぜひきれいな映像でお楽しみください」(関)、「アクションシーンや特撮シーンは動きが早いので、絵がきれいなBlu-rayで観てもらえるとさらに楽しんでもらえると思います。映像特典では10年たった我々があのころと変わらず話しています。当時イベントをご覧になった方には懐かしい雰囲気に浸って頂けるのではないでしょうか」(遊佐)、「こんないい作品はなかなかないと思いますし、福袋のようにたくさん特典が付くので『電王』のファンの方もこれから好きになってくれる方も、ぜひBlu-rayで観てくれたらうれしいです」(てらそま)、「10年前ということを感じさせないくらいクオリティーの高い作品だと思います。今の仮面ライダーを見て“好きだ”と思っている人で、過去の仮面ライダーを見てみようと思ったときに、きっと『電王』はいろいろな人にお薦めされると思います。このBlu-rayは良いタイミングですよ。ぜひ観て頂きたいと思います」(鈴村)とPRした。

©石森プロ・東映

©石森プロ・東映

■仮面ライダー電王 Blu-ray BOX 3
9月13日(水)発売
第37話~第49話 収録
価格:19,800円+税

映像特典:Blu-ray発売記念スペシャル座談会 声優編
関俊彦(モモタロス役)×遊佐浩二(ウラタロス役)×
てらそままさき(キンタロス役)×鈴村健一(リュウタロス役)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える