• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

AKB48 渡辺麻友主演ドラマのタイトルが決定!えなりかずきと異色の純愛コメディ

『サヨナラ、えなりくん』 AKB48・渡辺麻友のテレビ朝日系主演ドラマが、タイトルを変更して4月30日よりスタートすることが分かった。新タイトルは『サヨナラ、えなりくん』(毎週(日)深0・40)。清純派の渡辺が恋多き“黒い女”に扮し、初共演のえなりかずきと異色の純愛コメディに挑む。

 渡辺が演じるのは、過去にはさまざまな恋愛遍歴があったものの、現在は“純愛”を求めて奔走する25歳の主人公・桐山さおり。理想の相手を探して婚活に精を出すが、出会うのは浮気男にマザコン男、ドケチ男…とウラの顔を持つ男ばかり。そんな彼らにひどい仕打ちを受けた瞬間、さおりがひょう変して“特殊な能力”を発揮するというストーリー。えなりは物語のカギを握る悪キャラで、謎に包まれた“えなりくん”役。その全ぼうは、オンエアで明らかになる。

 渡辺はさおり役を「個性的ですが、彼女なりの純愛を求めてさまよっていて、ピュアで汚れのない心を持っている女性。決して折れることなく、理想の純愛を探し続ける精神力の強さは、私と重なる部分があるかもしれません」と分析し、「今まで演じたことのない役柄で、この作品ではまだお見せしたことのない私がたくさん登場します。“アイドル・渡辺麻友のイメージをぶち壊したい!”“自分の殻を破りたい!!”という思いで、毎日、本気で勝負に挑んでいます。渡辺麻友の新たな一面を知っていただけるよう、この作品を私のターニングポイントにする意気込みで頑張ります!」と気合十分。

 そんな渡辺について、えなりは「“かわいらしいお嬢様”というイメージ、そのままの方。そんな渡辺さんと今回の役柄のギャップにはビックリしています。これからまた撮影を重ねていって、2人でどんどん面白いシーンを作っていくことができるのではと期待しています!」と語っている。

 企画・原作は秋元康氏、脚本は映画「桐島、部活やめるってよ」などの喜安浩平氏が当初の予定どおり担当。さおりの友人で、怪しげなバーの店長・村ちゃん役で池田成志も出演する。

<コメント全文>
■渡辺麻友
 さおりは個性的ですが、彼女なりの純愛を求めてさまよっていて、ピュアで汚れのない心を持っている女性。決して折れることなく、理想の純愛を探し続ける精神力の強さは、私と重なる部分があるかもしれません。
 えなりかずきさんはイメージどおり、とてもやさしい方なのにお芝居になると一転して圧倒されますし、とても勉強になります。池田成志さんは以前から舞台を拝見していた、尊敬する俳優さんのおひとり。お2人と絡ませていただくシーンが多いので、すべてを学ぼう、吸収しようと、必死に食らいついています。
 今まで演じたことのない役柄で、この作品ではまだお見せしたことのない私がたくさん登場します。“アイドル・渡辺麻友のイメージをぶち壊したい!”“自分の殻を破りたい!!”という思いで、毎日、本気で勝負に挑んでいます。渡辺麻友の新たな一面を知っていただけるよう、この作品を私のターニングポイントにする意気込みで頑張ります!

■えなりかずき
 僕の想像力をはるかに超えた企画でしたので、どういうものになるかまったく想像がつかなかったのですが、そういった未体験の作品こそチャレンジしてみようという思いで、撮影に臨んでいます。
 渡辺麻友さんは、“かわいらしいお嬢様”というイメージ、そのままの方。そんな渡辺さんと今回の役柄のギャップにはビックリしています。これからまた撮影を重ねていって、2人でどんどん面白いシーンを作っていくことができるのではと期待しています!
 僕の役柄が“悪”とするなら、渡辺さん演じるさおりという役にも女の子の“黒”い部分が出ている気がします。そういう意味では、男と女、双方の本音が見られる作品だと思うので、コメディーと感じる人もいるでしょうが、ホラーに思える人もいるかもしれない。深夜、“なるほどね~!”と、うなったり、“あるある~!”などと共感してもらえるようなドラマになると思います。

■池田成志
 企画をうかがったときは、率直に“なんじゃこりゃ!?”と思いました。撮影していても“なんじゃこりゃ!?”なドラマです(笑)。主人公・さおりの友人役ですので、渡辺麻友さん演じるさおりと“素”で会話している感じが出ればいいなと思って演じています。深刻にもコミカルにもなりすぎず、2人がフツーにおしゃべりしている“等身大”な感じが出ればいいですね。 
 渡辺さんはかわいいだけでなく、本当に真面目でえらいなと感心しています。忙しい中、大量のセリフをきちんと覚えてきて、朝から晩まで撮影して、しかもそれでいてキツイという表情を見せない。現場のスタッフにもそれが伝わっていますし、だからこそ僕も文句は言えないなと…(笑)。普段からとても素敵な女性ですので、彼女の魅力を満開にお届けできればと思っています。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える