• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『おかべろ』久本雅美が女芸人として葛藤した過去を告白

『おかべろ』 関西テレビ放送・カンテレで4月22日(土)後2・24放送の『おかべろ』(※関西ローカル)に久本雅美が登場する。

 事務所の後輩・トニー淳とスタジオに現れた久本に、岡村隆史と田村亮はブレイクのきっかけについて質問をぶつける。岡村たちから「物心ついた時にはすでに(久本が)テレビで活躍していた」と聞かされた久本は、驚きつつもタモリが出演するバラエティ番組がブレイクのきっかけだったと明かす。また、時には女性であることを捨て、下ネタで笑いを取らなければならない女芸人の仕事に悩んだこともあったと告白。そして、久本の相談に乗ったタモリやビートたけしの言葉に岡村たちは感心する。

 久本が“女芸人の最大の悩み”として語るのは恋愛について。昔、久本の好きな人が舞台を見に来た際、両方の胸におちょこ、股間にひょっとこを着ける十八番芸が中途半端になり、そのことを悔やんだという。「当時は“面白いことをしたい!”という気持ちの方が勝っていた!」と話す久本に、岡村も同調し「幸せだったら、笑ってくれなくなるかも!」と普段から抱いている不安を口にする。

 今年59歳になる久本は結婚について「60歳を越えてから結婚の方が面白いと思っている!」と語るのだが、「女性が男性に求める条件に“面白い”はあるけど、男性は女性に“面白さ”を求めていない」と嘆く。岡村は「久本さんは(ルックスは)ちゃんとしてるじゃないですか!」とフォローするのだが、その言葉がきっかけでトークは思わぬ方向に発展。

 そのほか、久本と岡村が“独身あるある”の話題などで盛り上がる『おかべろ』は、カンテレで4月22日(土)後2・24~2・54放送。

番組オフィシャルサイト:http://www.ktv.jp/okabero/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える