• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

清水富美加&松井玲奈の漫才をなすなかにし絶賛!「関西の大御所の立ち居振る舞いだった」映画「笑う招き猫」イベント

115998_01_R 清水富美加×松井玲奈主演で売れない女漫才師に挑戦した映画「笑う招き猫」が4月29日(土)より公開。公開間近になった4月21日(金)に公開トークイベントが行われ、落合モトキ、荒井敦史、前野朋哉、なすなかにし、飯塚健監督が登壇した。

 今回のイベントは映画の公開を記念したトークイベントで、メイキング映像を見ながらキャストによる映画の舞台裏についてのトークを繰り広げた。会場では、キャストもお客さんもドリンクを飲みながらのイベントということで、まずはみんなで乾杯をしてスタート。清水と松井の漫才指導をしたなすなかにしは、2人に漫才の台本を渡した時点で2人はすでに漫才のイロハをわかっていたと絶賛。中西は「あれは関西の大御所の立ち居振る舞いだった」とコメントし会場の笑いを誘った。後半戦では、大抽選会が行われ、会場にいる観客に招き猫のグッズがプレゼントされた。

 また、本イベントで初公開となったメイキング映像では、コミカルなシーンからシリアスなシーンまで清水と松井が身体を張って挑んだ撮影の舞台裏がおさめられている。漫才について清水は「難しいです。ツッコミもワンパターンになっちゃうし」と未経験の漫才の難しさを語り、松井は「漫才師の方たちが見てもあれは漫才だって言われるように頑張りたい」と意気込みを語っている。清水は撮影終了後、「よかったです」と言葉にならない感情があふれたのか目に涙を浮かべる様子も収められている。

■『笑う招き猫』メイキング映像

映画「笑う招き猫」は4月29日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://waramane.jp/

©山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える