• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

東京・松屋銀座で「鬼平犯科帳」の世界を体感!

 池波正太郎原作の名作時代劇「鬼平犯科帳」シリーズ最新作「鬼平外伝 老盗流転」が、9月8日(日)午後6・00よりBSスカパー!にて放送。これを記念して、松屋銀座で開催されている「池波正太郎展」内に今作の特設ブースが設置される。

「鬼平外伝 老盗流転」は盗賊側の視点から鬼平犯科帳の物語を描いた異色作。橋爪功が主演を務め、悪人から見た江戸の街の風情を切り取る。はかにも國村隼、若村麻由美、益岡徹、山田純大、高橋光臣などの豪華俳優陣が出演。物語に彩りを加える。

 特設ブースには衣装や作品解説のほか、モニタの前に立つと画面の中に“火付盗賊改方”や“盗賊”の衣装を着た姿が映し出される「変身サイネージパネル」が設置され、展覧会を盛り上げる。さらに、期間中に展覧会に訪れた観客先着6000名に非売品のうちわを配布する。

「鬼平外伝 老盗流転」は、BSスカパー!で9月8日(日)後6・00から放送。池波正太郎展は、東京・松屋銀座で8月28日(水)から9月9日(月)まで開催される。

松屋銀座「池波正太郎展」(http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20130828_ikenami.html)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える