• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

TBSドラマ主題歌を歌うシェネルがプレミアムフライデーライブに登場!「新たな面を見せられたら」

117046_01_R GYAO!の「プレミアムフライデーライブ」の第2弾として、シェネルがゲストアーティストとして登場した。

 本イベントは、GYAO!がプレミアムフライデーの取り組みの一環として、月末最後の金曜日に毎回1組の豪華アーティストがライブパフォーマンスを披露するもの。本公演は後日、5月10日(水)よりGYAO!でアーカイブ配信を予定している。

 プレミアムフライデーについてシェネルは「アメリカでは『T.G.I.F.』と言って金曜日を楽しむけれど、『プレミアムフライデー』もとてもステキな言葉でいい過ごし方だと思います」と。また自身の「プレミアムフライデー」の過ごし方を聞かれると、「私としては毎日が『T.G.I.F.』という感じですかね?仕事柄、毎日会社に行くわけでもないし、休日が決まっているわけではないけれど、オフになった日が私にとって『プレミアムフライデー』かな?と思います。オフの日は、友達と食事をしたり、映画を見たり、公園でのんびり過ごしたりしています」と語った。

 ロサンゼルス在中のシェネルが来日した時のプレミアムな過ごし方について「仕事が好きだから、スタジオに入って音楽に専念することも多いですが、スパに行ってマッサージを受けたり、ホットヨガのスタジオやジムで体を動かしたりすることも好きです。旦那さんが日本にいるときは一緒にヨガに行ったりしますよ。あとは友達と六本木や麻布、恵比寿などに行って、ご飯を一緒に食べて過ごしています。特に六本木にあるイタリアンレストランがお気に入りです。ちょっと高いけれど、デートにもおすすめです」と。

 また今年デビュー10周年というシェネルは「振り返ってみると10年はあっという間でした。たくさんのことがありましたが、今もこうして歌い続けていられることに感謝しています。10年間、アーティストとしても、一人の人間としても成長できたと感じていますが、まだまだこれからも成長していきたいと思っています」と振り返りとこれからの活動への思いを語った。

 最後にTBSドラマ『リバース』の主題歌でもある「Destiny」を披露。「ドラマの主題歌として選ばれたことも奇跡的、運命的だと感じており、非常に光栄です。スリル感もあるポップソングなのですが、実は私自身初めての曲調で、いままでラブソングの歌姫とも言われていましたが、この曲をきっかけに新たな面も皆さんにお見せできるので大変うれしく思っています。本日が配信日初日なので、ぜひチェックしてもらえるとうれしいです」と曲への思いをコメントした。

<シェネルプロフィール>
ロサンゼルス在住、洋楽・邦楽の境界を越えて、いま最も注目を集めている“トータル・ダウンロード数1,000万突破”の実力派シンガー。2007年「ラ ブ・ウィズ・DJ」で世界デビュー、日本でも大ヒットし日本ゴールドディスク大賞の新人賞を受賞。2011年「ベイビー・アイラブユー」の英語カヴァーで 大ブレイク、300万ダウンロードを突破し“ラブソング・プリンセス”と称される。カヴァー・アルバム『ラブ・ソングス』は50万枚突破、日本ゴールド ディスク大賞を受賞。映画『BRAVE HEARTS 海猿』の主題歌となった「ビリーヴ」が170万ダウンロードを突破、USEN J-POP年間1位、アルバムは35万枚突破、日本ゴールドディスク大賞でアーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)を含む計5部門を受賞。そして 2013年にリリースしたニュー・アルバム『アイシテル』と初のベスト盤『ベスト・ソングス』はロングヒット中。

©GYAO

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える