• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中野裕太「これぞ恋愛」と興奮!映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」完成披露試写会

117873_01_R 映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」が5月27日(土)より新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマアクアシティお台場にてロードショー。公開に先がけ、完成披露試写会が行われ、中野裕太、岡本孝、原作者のモギ夫妻、谷内田彰久監督が登壇した。

 本作は、東日本大震災をきっかけにFacebookでメッセージを交換する中となった、台湾に住む元気いっぱいの女子・リンちゃんと日本人男性モギさんの交流を描く全く新しいラブストーリー。ママの反対を受けながらもモギさんと恋に走り出すリンちゃん。恋に臆病になっている人の背中をそっと後押ししてくれる、仰天サクセスラブストーリー。

 本イベントには、主演の中野に加え、岡本、原作者のモギ夫妻、谷内田監督という豪華メンバーが。キャストからひと言挨拶があった後にヒロインのリンちゃんを演じた簡 嫚書(ジェン・マンシュー)からビデオメッセージがサプライズで公開された。「映画にはロマンチックな場面がたくさんあるので、皆さんが好きになってくれるとうれしい」と台湾から日本の観客へ向けてメッセージを送った。

 映画の魅力を聞かれると「気軽に楽しめて、映画を見たその日の一日をさわやかにすごせる映画になっています」(中野)、「この映画を見たらきっと台湾が好きになると思います!」(モギ奥さん)とそれぞれ映画への思いを。

 さらに撮影時の裏話について聞かれると中野は「モギさん夫妻は毎日のように撮影現場にきてくれて、みんなで和気あいあいとやっていました」と。モギ奥さんは「最後のリンちゃんとお母さんのシーンは現場で10回近くテイクを見ながら10回すべて泣きました!」とコメント。

 最後に“この映画をひと言で表すなら?”という問いに「これぞ恋愛だと思います!」(中野)、「家族のつながりが描かれたステキな作品です」(モギ)と映画への熱い思いを語った。

<ストーリー>
 台湾に住む元気いっぱいの女の子・リン。日本のドラマやアニメが大好きで通っている大学でも日本語を専攻するぐらいの立派なジャパオタ。日本を襲った震災の話で世界が揺れているとき、リンのFacebookに一通のメッセージが届いた。日本人青年からのメッセージだった。彼の名前は「モギ」。モギは震災で復興支援に協力的な台湾の国民性や親日感情を知り興味は抱き、まだ見ぬリンにメッセージを送ったのだった。友達申請を承諾したリンは、茂木とのFacebookでのやり取りが始まった。内容はたわいもないことや日本のこと、お互いの悩みや日々の出来事。そして迎えたゴールデンウィーク。台湾で初めて顔を合わせる二人。その時間はあっという間だったが、2人の距離はより一層縮まり、その日を境にたわいもなかったFacebook上でのチャットがリンとモギとのオンラインデートとなった。内容は相変わらずだったが2人は幸せだった。お互いの気持ちはいつしか海を越えた。

■予告編

映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」5月27日(土)新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか順次公開
出演:簡嫚書(ジェン・マンシュー)/中野裕太/王彩樺(ワン・サイファー)/蛭子能収/林美秀(リン・メイシュー)/大谷主水/岡本孝/与謝重理久
監督:谷内田彰久 脚本:野村伸一 音楽:常田大希
原作:モギサン&モギ奥サン著『ママは日本へ嫁に行っちゃダメだと言うけれど。』(新潮社)
配給:朝日新聞社/アティカス

©”Mamadame” production committee

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える