• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

リベンジポルノがもたらす衝撃の展開!「身体を売ったらサヨウナラ」7・1より限定公開

118013_01_R 新聞記者でありながら元AV女優だった過去を暴露された実体験をつづった鈴木涼美の同名小説を映画化した「身体を売ったらサヨウナラ」が7月1日(土)新宿K’s cinemaにて2週間限定ロードショー。これに先駆け、ポスタービジュアル、予告編が解禁された。

 主人公・リョウコの波乱万丈な日々を、現在活躍中のAV女優、AV監督、スカウトマンらのインタビュー映像を交えて描く本作。赤裸々な過去を持つ主人公像を大胆かつ体当たりの演技で魅せるのは、柴田千紘。さらに小西キス、久保田悠来、内田慈、品川祐(特別出演)ら個性豊かなメンバーたちが集結するほか、希島あいりや川上奈々美といったAV女優たちの口から語られるリアルな言葉にも注目の1作となっている。

公開されたポスタービジュアルには、上半身裸の状態で横たわっている主人公・リョウコの姿、そして予告編で語られるのは「女優は多かれ少なかれ消耗品です」「快楽って、それ自体が人間のコミュニケーションの1つだと思う」といった独特の価値観で紡がれた言葉たち。リベンジポルノが送りつけられ、AV女優であった過去が暴かれた時、母と娘はどんなやりとりをしたのか…、ますます本編に期待が高まる映画「身体を売ったらサヨウナラ」は7月1日(土)新宿K’s cinemaにて2週間限定ロードショー。

「身体を売ったらサヨウナラ」
7月1日(土)新宿K’s cinemaにて2週間限定ロードショー

©2017 東映ビデオ/エクセレントフィルムズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える