• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

伊野尾慧、真剣佑の壁ドンに「ちょっと好きかも(笑)」映画「ピーチガール」SPイベント

118390_01_R 5月20日(土)公開の映画「ピーチガール」が公開直前スペシャルイベントを実施。W主演の山本美月、伊野尾慧をはじめ、真剣佑、永野芽郁らメインキャストが登場した。

 累計発行部数1300万部を超える、上田美和原作の大人気少女コミックを映画化した本作は、見た目は派手だけど中身は超ピュアな女子高生・もも(山本)、見た目はチャラいけど実は真面目な学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾)、ももが片思いをする硬派なさわやか男子・とーじ(真剣佑)、最強最悪の小悪魔・沙絵(永野芽郁)が繰り広げる、胸キュンはらはらのラブストーリー。

劇中の制服姿でキャスト陣が登場すると、集まった約200人のギャル風女子からは大歓声があがるも、「僕と山本さんはもう20代半ばなんですけど大丈夫ですか?(笑)」と恐縮気味の伊野尾。客席から「かっこいい~!かわいい~!」という声がかかり、山本は「ほんとに気遣っていただいて、優しいですね。ありがとうございます」と恥ずかしそうに感謝。

お気に入りの胸キュンシーンを問われた永野は「“もも(山本)がカイリ(伊野尾)の投げキッスをキャッチして、もぐもぐと食べるシーン」をあげ、「撮影中ずっとニヤニヤしてました」と笑顔。いっぽう、伊野尾は「胸キュン映画だから“壁ドン”のシーンがあるのかと思って楽しみにしてたけど、実際はやるほうじゃなくて3人からやられた(笑)」と撮影を振り返った。

すると、そんな伊野尾に山本、真剣佑、永野が実際に壁ドンを実演。「ドキドキしますね(笑)」となぜかうれしそうな表情を浮かべる伊野に気合十分の真剣佑が「二度と安達に近づくな」と劇中のセリフとともに壁ドンを披露。「力が強すぎて耳が取れるかと思った(笑)」とあまりの迫力に驚きを隠せない伊野尾に真剣佑がゆっくりと近づき、伊野尾をガッチリとハグ。客席からは黄色い悲鳴があがり、伊野尾は「ちょっと好きかも(笑)」と胸キュンした様子だった。

また、イベント終盤ではももを意識した格好で参加した観客の中で誰が1番ももっぽいかを決める「ピーチガールコンテスト(PGC)」を開催。プロデューサーとスタッフによる厳正な審査を勝ち抜いた8名が候補者としてステージに登壇すると、山本は「ももちゃん愛がすごいです。ありがとうございます」と大感激。伊野尾は「ちょっと思い過ぎじゃないですか(笑)」と、髪の毛をカラフルに染めたギャル度高めの候補者にツッコミをいれていた。

急展開のノンストップ・ラブストーリー、映画「ピーチガール」は5月20日(土)全国ロードショー!

公式サイト:http://peachgirl-movie.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える