• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

9月の「宝塚への招待」は凰稀かなめ主演『ロバート・キャパ』

(C)宝塚歌劇団、(C)宝塚クリエイティブアーツ

 9月28日(土)に放送する、今月の「宝塚への招待」(WOWOWライブ 後4・25)は、現宙組トップスター・凰稀かなめがトップ就任前に主演した貴重なバウホール公演「ロバート・キャパ 魂の記録」を放送する。

 スペイン内乱など激動の時代を駆け抜けた20世紀を代表する報道写真家、ロバート・キャパ(本名アンドレ・フリードマン)の半生をドラマティックに描く。舞台は、1930年代のスペイン内乱から1950年代のベトナム戦争までの激動の時代。キャパが実際に撮影した写真が展開されるほか、あの有名な「崩れ落ちる兵士」のシーンなどもステージで再現され、話題となった作品。

■ストーリー
 1930年代、プロとしては無名で仕事も少なかったカメラマンのアンドレ・フリードマン(凰稀かなめ)は、架空の売れっ子カメラマン“ロバート・キャパ”の存在をでっち上げる。当時は珍しかった小型カメラを使用し、群衆の中からの臨場感あふれるカットなどを撮影する“キャパ”の評判は次第に上がっていく。成功を収めたアンドレは、やがてキャパを名乗ることを決意する。
 スペイン内乱の取材のためマドリードに入った報道写真家キャパは、ヨーロッパを覆うファシズムに対抗する活動家たちとの交流を深めていく。その一方で、自分の写真に心酔するジャーナリストのゲルダ・ポホライル(伶美うらら)と恋に落ち、結婚を誓うように。だが2人には過酷な運命が待ち受けていた。
収録日:2012年2月2日
収録場所:兵庫 宝塚バウホール
作・演出:原田諒
出演:凰稀かなめ、伶美うらら、美風舞良、風莉じん、春風弥里、蓮水ゆうや、汝鳥伶(専科)、光あけみ(専科)

9月の「宝塚への招待」は凰稀かなめ主演『ロバート・キャパ』を放送!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える