• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

WOWOWオリジナル落語会「W亭」スタート!番組特設サイトも充実

 9月7日(土)にスタートする、WOWOWオリジナル落語会「W亭」(WOWOWライブ 後9・00)。次世代の“古典落語”を担う噺家が5か月連続で出演する「W亭」は、少人数の親密感いっぱいのプライベートルーム感覚で、毎回、趣向を凝らしたテーマに挑んでいる。

 番組のスタートとともに、特設サイトがオープン。落語の枕部分を視聴できるほか、特別ゲストとの対談やインタビューもたっぷり。落語初心者の人にも分かりやすく、興味を持ってもらえるように趣向を凝らした内容になっている。

 初回放送は、若手トップランナーの1人、柳家三三が登場。女性に効く落語をテーマに、古典落語の中から“女性のツボ”に響く3演目をピックアップ。観客も女性限定とし、柳家三三の研ぎ澄まされた落語が端正な日本語とともに展開されていく。演目は、遊女にだまされた3人の男たちを描く「三枚起請(さんまいきしょう)」、幼なじみの半七とお花のなれ初めを描いた「宮戸川(みやとがわ)」、泥棒と長屋の夫婦のやりとりを描く「締め込み(しめこみ)」の3本。

 10月以降は、桃月庵白酒、春風亭一之輔、立川志らく、柳家花緑がラインナップしている。

 そして、エンタメコンテンツを誰でも無料体験できることで注目の「W流」でも、落語のショートバージョンやスペシャル対談が視聴可能(スマホも対応)。初回のゲストは勝間和代。放送と合わせて視聴してお楽しみに。

「W亭」ラインナップ
柳家三三編~落語的女子力~
9月7日(土)後9・00
桃月庵白酒編呑みたくなる落語
10月5日(土)後10・00
11月以降も春風亭一之輔、立川志らく、柳家花緑が登場

「W亭」特設サイト(http://www.wowow.co.jp/stage/rakugo/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真