• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

木村カエラ、子供聖歌隊のサプライズに感激

 ディズニー映画「フランケンウィニー」の12月5日(水)の公開を記念して、TOHOシネマズ六本木ヒルズのクリスマスツリー点灯式が行われ、「フランケンウィニー」のインスパイアソング「WONDER Volt」を歌った歌手の木村カエラと、この作品で声優を演じている芸人のハリセンボンが登場した。

 今回の点灯式は、木村の“WONDER Volt”の歌詞にちなみ「“ドンピカリガッシャン”クリスマスツリー点灯式」と命名。3人は映画の世界を表現したおそろいの衣装と、おそろいのおかっぱ&前髪ぱっつんというヘアスタイルで登場した。

 近藤春菜は「木村カエラ(髪形が)に似ている!」と豪語し、本人がいるにも関わらず「木村カエラで~す!」とあいさつ。続けて「カエラさんの服はニットだけど、私のは伸びやす~い。(おそろいのベルトも)私たちのはペラペラ」と自虐ネタを披露し、会場の笑いを誘った。

 また、子供聖歌隊による合唱のサプライズクリスマスプレゼントが木村に贈られ、3人と同じ衣装と髪形の子供たちが登場すると、木村は思わず「カワイイ!!」とひと言。合唱が“WONDER Volt”だと分かると、木村はびっくりしたご様子で子供たちに合わせて歌うなどご満悦の様子。歌い終わると「自分の曲をこんな小さなお子さんが歌ってくれるのを直接見るのは初めてのことです。とてもうれしかった」と笑顔を見せた。

 クリスマスツリー点灯式では、最上部には雷型のライト、枝葉にはスパーキーの小さなヌイグルミがたくさんついている映画を記念した特別仕様のツリーを用意。点灯用スイッチを渡された3人は緊張の面持ちを見せ、辺りが暗転しゴロゴロと雷の音が鳴り響くとツリーの周りがピカピカと点滅し「ドンピカリガッシャン!!」の掛け声と共に見事ツリーに灯が灯った。

 木村は曲について「みんながスパーキーを好きになってくれればいいなと思って作りました。曲を作るときは、ヴィクターの気持ちになって、どうやったらスパーキーを甦らせることができるのかと考えながら作りました」とコメント。

 また「12月1日からカウントダウンしていくアドベント・カレンダーを毎年飾り、クリスマスを心待ちにしています。今年ももう買いました」と家族とのクリスマスエピソードを披露した。

 近藤は「ちょっとブキミでおかしい、初めての白黒3D映画です」と映画を説明し、吹き替えについて「体育の先生を担当しましたが、私の女の部分がでてしまったかもしれません(笑)」とまた笑いを誘った。箕輪はるかは「スパーキーが本当にかわいくて、犬を飼いたいと思いました。怖がられる方が多いので、(怖がる生徒役の吹き替えは)新鮮でした」と振り返った。クリスマスの予定を聞かれると「私は2人で過ごします。彼とか、彼のお母さんとか。一緒に『フランケンウィニー』見に行きます!」と彼氏とのラブエピソードを照れくさそうに語った。

 ディズニー映画「フランケンウィニー」は、12月5日(水)に3D/2D同時全国公開。また、スパーキーが描かれたA6サイズのメモパッドも発売される。

 
「フランケンウィニー」公式サイト(http://www.disney.co.jp/movies/frankenweenie/)
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える