• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ジョニー・デップ&愛娘リリー=ローズ・メロディ・デップの共演シーン公開!映画『コンビニ・ウォーズ』

123579_01_R ジョニー・デップの愛娘リリー=ローズ・メロディ・デップが映画初主演を務めた『コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~』が7月1日(土)より公開。これに先駆け、ジョニー・デップ出演シーンの写真と映像が解禁された。

 授業もバイトもやる気のない、でもヨガだけは好きなJKコリーン・コレット(リリー=ローズ・メロディ・デップ)とコリーン・マッケンジー(ハーレイ・クイン・スミス)は、ひょんなことから地下に眠っていた“ミニナチス軍団”を呼び覚ましてしまう。巨大な怪物を解き放ち、世界侵略へと動きだしたミニナチス軍団を止めるべく、コンビニバイトの2人は地球の命運をかけて壮大なバトルを繰り広げる。

 リリー=ローズ・メロディ・デップの主演ということもさることながら、本作が注目されたのは、『Mr.タスク』以来の父娘の共演シーンがあること。今回公開されたのは、2人のJK(Wコリーン)がジョニー演じる探偵ギー・ラポワントを訪れるシーン。2人が働くコンビニの客が逃亡犯だったことから、Wコリーンはギー・ラポワントの事情聴取を受けるが、次第に話はなぜかトイレ事情へ。Wコリーンと、酔いどれ探偵ギー・ラポワントのおバカな掛け合いは必見。

 また、ジョニーはギー・ラポワントを演じるにあたり、特殊メイクを施し変わった声でしゃべっている。今まで数々の個性的なキャラクターを演じてきたジョニー・デップだが、特にギー・ラポワントを気に入っているようで、監督のケヴィン・スミスはインタビューで「『Mr.タスク』を演じ終わった後にジョニーからまたこの役を演じたいと言われたんだ!その時はギー・ラポワントは『Mr.タスク』でしか登場しないキャラクターなんだと話したら“だったら僕に電話をかけてきてくれ!そしたら僕は毎回ギー・ラポワントの声で電話に出るよ!僕はこの声をものすごく気にっている。この声で電話に出たいんだ!”と興奮していたよ」と語るほど。ジョニーの気合の入った酔いどれ探偵は、要チェックだ。

『コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~』
7月1日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

出演:リリー=ローズ・メロディ・デップ、ハーレイ・クイン・スミス、ジョニー・デップほか
監督・脚本:ケヴィン・スミス

配給・提供:パルコ、ハピネット

©2015 YOGA HOSERS, LLC All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える