• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

かぐや姫役・朝倉あきは気合十分!映画「かぐや姫の物語」中間報告会見

 スタジオジブリ最新作「かぐや姫の物語」の中間報告会見が都内で行われ、主人公のかぐや姫の声優を務める女優の朝倉あき、プロデューサーの鈴木敏夫、西村義明が登場した。

「かぐや姫の物語」は、スタジオジブリが送る高畑勲14年ぶりの監督作品。誰もが知っている“かぐや姫”を題材に、筋書きを変えることなく、“かぐや姫の日常や心情”を描いた誰も見たことのない新たな“かぐや姫”の物語となっている。

 今回、かぐや姫役に抜擢された朝倉のほか、かぐや姫の幼なじみである捨丸役に高良健吾、かぐや姫の育ての父翁役に地井武男、育ての母媼役に宮本信子といった豪華声優陣と、広島県在住のアーティストにして現役僧侶という異名の肩書きを持つ二階堂和美が歌う「いのちの記憶」が主題歌として起用されることが発表された。

 制作を始めた当初は、高畑監督をはじめ制作スタッフが主人公となるかぐや姫のイメージが湧かず作業が難航。そこで”先にかぐや姫の声を決めたほうがイメージをつかめるのでは”とオーディションが行われ、朝倉がかぐや姫役を射止めた。

 当時を振り返り「朝倉さんが声を発した瞬間に高畑監督の表情が変わった」と話した西村。しかし、朝倉本人は「お芝居をした瞬間に“もうだめだこれは”と思ったんです。泣きながら帰りました」と、本人には実感が全くなかったことを告白し「後日、高畑監督に『どこがよかったのでしょうか?』と伺ったら『悲しい演技がよかった』と言われました」と明かした。

 本作で声優に初挑戦した朝倉は、意気込みを聞かれ「幼いころから慣れ親しんでいるジブリ作品にこうして出演させていただくことになり、最初は緊張しましたがうれしくとても幸せだなと思いました。こういう作品に出会えるのはめったにないことですので、自分のすべてを注ぎこもうという気合もあります」と力強く語った。

 映画「かぐや姫の物語」は11月23日(祝・土)より全国ロードショー。

映画「かぐや姫の物語」公式サイト(http://www.kaguyahime-monogatari.jp)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える