• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小栗旬「ついにこの日が来たな」キャプテンハーロック初日舞台あいさつ

 映画「キャプテンハーロック」の初日舞台あいさつが7日、都内で行われ、小栗旬、三浦春馬、荒牧伸志監督、原作者の松本零士が登壇した。

 本作は、日本が世界に誇る製作スタッフが結集し、東映アニメ史上最高額の総製作費3000万ドルをかけたフルCG映像の超大作。大戦中の英雄にして政府に叛旗を翻す全宇宙の敵、宇宙海賊キャプテンハーロック。政府より下ったハーロック暗殺命令を受けた青年ヤマは海賊船アルカディア号に乗組員を装い潜入するが、ハーロックに近づくにつれ、彼の目的とアルカディア号の正体、そして地球に隠された真実を知ることになる。

 全国航海(公開)初日を迎え、キャプテンハーロックの声優を務めた小栗は「ついにこの日が来たなという気持ちです。皆さん楽しんでくれればうれしいです」と力強くアピール。本作で声優に初挑戦した三浦は「松本先生の素晴らしい作品と、5年間というとても長い時間を費やしてきたスタッフさんの熱意のもと、僕も一緒にこの場に連れてきてもらって、こうして皆さんの前に立てることを、とてもうれしく思っています。本当にありがとうございます。松本先生の素晴らしい世界観と、荒牧監督をはじめたくさんのスタッフさんたちが熱意を注いだこの作品が、皆さんの胸にいつまでも残ることを願って、この先もたくさんの方に見ていただけたらうれしいなと思います」と語った。

「キャプテンハーロック」の世界観を描いていくことへの思いを聞かれ、荒牧監督は「僕は松本先生の影響を一番受けて育った世代だと思います。高校2年生のとき、プレイコミックに先生の『キャプテンハーロック』の連載が始まり、第1号を買った記憶もあります。僕にとっては、本当に思い入れがあり、今回覚悟を決めて取り組んだ作品です。やり切ることができて本当に感慨深いです」とこの作品との思い出を。

 先日行われた第70回ベネチア国際映画祭では特別招待作品として発表され、既に世界76の国と地域からオファーが殺到。現地で感じた海外からの声について聞くと「松本先生の人気は本当にすごかったです。ファンの方々がたくさんいて、“松本先生が来た!”といううれしさや高揚感、パワーや歓喜の空気を感じて、僕もうれしかったです」と松本の人気を語る三浦。すると荒牧監督から「三浦さんもすごい人気でしたよ! 道行く人に写真をたくさん撮られてました。“春馬コール”が起こってました」と言われ、三浦も思わず照れ笑いを浮かべた。

 舞台あいさつ終盤、原作者である松本が登壇し「本日、ご来場いただき、そして映像を見ていただいて本当にありがとうございます。私たちは人に見ていただくために漫画を描き、映画を作っています。それこそが自分の仕事なのですから、本当にうれしいです。今日はありがとうございました」と話し、「ハーロックは私にとって一番古いキャラクターです。小学生のときに『ハーロック! ハーロック!』と自然発生的に号令をかけて歩いていたんです。どうして自分の中に『ハーロック』という言葉が誕生したのかは分からないのですが、今ではこうして自分の仕事を支えてくれているキャラクターとなっているのです」と、キャプテンハーロック誕生秘話を明かした。

 最後に小栗は「本当にいろんな方の情熱と愛がいっぱい詰まった映画になっていますので、ここから発進して、大勢の方の心にハーロックが届くことを願っています」とPRした。

「キャプテンハーロック」は、9月7日(土)より大ヒット公開中。

映画「キャプテンハーロック」
9月7日(土)全国公開
配給:東映
ボイスキャスト:小栗 旬、三浦春馬、蒼井 優、古田新太、福田彩乃、森川智之、坂本真綾、沢城みゆき、小林清志、大塚周夫
原作総設定:松本零士
監督:荒牧伸志
脚色:福井晴敏
脚本:福井晴敏 竹内清人
音楽:高橋哲也
コンセプト・メカニカル・デザイン:竹内敦志
コンセプト・キャラクター・デザイン:箕輪 豊
CGスーパーバイザー:竹内謙吾

主題歌:ONE OK ROCK「Be the light」(A-Sketch)
挿入歌:加藤登紀子「愛はあなたの胸に L’amour Dans Ton Cœur」(ユニバーサル ミュージック)
(C)LEIJI MATSUMOTO/CAPTAIN HARLOCK Film Partners

公式サイト(http://harlock-movie.com)
公式Facebook(https://www.facebook.com/captainharlockmovie)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える