• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鈴木亮平が石橋杏奈から教わったこととは?『宮沢賢治の食卓』SPイベント

124613_01_R WOWOWにて6月17日(土)にスタートする『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』のスペシャルイベントが都内で開催され、出演者の鈴木亮平、石橋杏奈、御法川修監督が登壇した。

 主演の鈴木は「日本の誰もが知ってる作家・宮沢賢治の誰も描いていなかった姿が映し出されます。監督からのガイドも受けて、みんなに愛される宮沢賢治になりました」と自信満々にあいさつ。さらに「監督がすごく宮沢賢治のような方なんです。熱くてピュアで、“彼もこんな人だったのかな~”と参考にさせていただきました」と役作りの秘話を明かす。そんな熱い男・御法川監督は「自分にとって大切にしていることをこの作品に全て込めてあります。観て下さる方と“幸い”を分かち合えれば」と。

 宮沢賢治の最愛の妹・トシを演じた石橋が「鈴木さんは本当にお兄ちゃんみたい。役についてもですが、プライベートのことでもいろいろお話して…」と言うと、鈴木も「僕もいろんな教えてもらいましたよ、K-POP!!“お、おう…”となりながら(笑)」と得意げに話し、すっかり兄妹感漂う2人。

 また共演者・山崎育三郎について鈴木は「彼は王子なんですよ。ピアノを弾くシーンもあるんですが、撮影合間にピアノを軽く鳴らして歌い上げるんです。ちょっとレミゼ(ミュージカル『レ・ミゼラブル』)の曲とかやったりすると、惚れかけました」と絶賛し、「彼が伴奏を弾いてくれて僕が歌うところなんかは、雲泥の差でしたからきつかったですよ。僕がことごとく音を外すんです…」と照れながら語っていた。

『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』
6月17日(土)スタート
毎週土曜 夜10時よりWOWOWプライムにて放送(全5話)
※第1話無料放送

©WOWOW

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える