• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ディーン・フジオカが長瀬智也とギターセッション!『TOKIOカケル』6・21放送

『TOKIOカケル』 ディーン・フジオカが6月21日(水)放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演する。ディーン・フジオカと長瀬智也は、来年公開の映画「空飛ぶタイヤ」で共演しているが、それ以外のメンバーとは初共演。またディーン・フジオカは、番組初出演となる。

 番組では、ゲストの知られざる一面を引き出すため、ゲストが今まで聞かれたことがないであろう質問をTOKIOメンバーが考え、ゲストに質問する好評企画「生まれて初めて聞かれました!」を実施。高校卒業後、アメリカの大学に進学、その後アジア各国を渡り歩き、グローバルに芸能活動を行っていたというディーン・フジオカ。トークは、そんな彼の語学力について。日本語、広東語、北京語、インドネシア語、英語の5か国語を話すというディーン・フジオカが、TOKIOメンバーに「台湾の人がしゃべる北京語」と、「北京の人がしゃべる北京語」の違いをレクチャー。松岡昌宏が「ジャッキー・チェンみたい!」と叫ぶほどの流ちょうな北京語に注目だ。

 「日本100位以内に入れる特技は?」という質問では、ディーン・フジオカがある食べ物に詳しいと回答。それを食べるだけで、味付けに足りないものなどが分かるという。その食べ物の知識に関しては、日本100位以内ではなく、世界レベルだと断言した食べ物とは?

 さらに、20代前半のころ、アジア各国を回ったというディーン・フジオカは、今だから話せる若いころの貧乏エピソードも披露。香港滞在中に最初に借りた、3畳程度のあまりに狭い部屋での日常生活を赤裸々に告白。モデルにスカウトされたものの、どうすればいいか分からなかったという香港時代には、食べるためには何でもやったと語るディーン・フジオカが、当時の仕事や貧乏時代に抱いていた思いを語り尽くす。

 山口達也からの「トイレットペーパー、どう巻いている?」という意外すぎる質問に対しては、セット内にトイレを再現し、実際にトイレットペーパーを巻く姿を披露するひと幕も。

 さらに、共演した映画の撮影中に長瀬と音楽話で盛り上がったというディーン・フジオカが長瀬とギターセッションを行うことに。また、城島茂が大切な人だけに見せる弾き語りを特別に披露する。

『TOKIOカケル』
フジテレビ系
6月21日(水)午後11時~11時30分

<キャスト>
TOKIO(城島 茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也)
ゲスト:ディーン・フジオカ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える