• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

無名小学生が天才棋士と呼ばれるまでの軌跡『藤井聡太 14才』6・23放送

『藤井聡太 14才』 昨年、将棋界において史上最年少でプロとなった藤井聡太四段の3年間を追った東海テレビ制作・ドキュメンタリー特番『藤井聡太 14才』が、フジテレビ系で6月23日(金)午後7時から放送されることが分かった。

 藤井四段は、6月21日に澤田真吾六段との対局で勝利したことにより連勝記録を「28」に伸ばし、歴代トップタイ記録という快挙を達成した(神谷広志八段と共に歴代トップタイ記録)。

 “神の子”“天才”と注目を浴びる藤井四段にいち早く目をつけ、3年前の小学6年生の頃から取材し続けてきた東海テレビは、3年間でビデオテープ約100本に収録した貴重な映像の数々を一本の番組としてまとめた。日本中が注目する“世紀の一局”の模様を伝えるとともに、14才の天才の軌跡を描いていく。ナレーションはアマチュア四段の腕前を持つタレント・萩本欽一が務める。

<プロデューサー・伏原健之(東海テレビ)コメント>
「私たちは夕方のニュース番組の中で、プロ入り前からずっと、彼の成長ぶりを何度も放送し続けてきました。私たちにとって“瀬戸市(愛知県瀬戸市。藤井四段の出身地)の聡太くん”が、あっという間に“天才”と絶賛されるプロ棋士へと、想像をはるかに上回る速さで、快進撃したことは驚きであり、誇りでもあります。私たち地元のテレビ局の仕事は“ふるさとの偉人”を世の中に伝える ことだと思っています。今、日本中から注目を集める 14 歳の成長の記録を、愛情を持って伝えたいと思っています」

<取材編集・奥田繁(エキスプレス)コメント>
「3年前、将棋教室に“すごい少年がいる”という情報をつかみ、カメラが入ることになりました。2014年7月のことでしたが、師匠の杉本昌隆七段と藤井君が“感想戦”を検討していましたが、バリバリのプロである師匠に藤井君が、“ここはこうですよ”とアドバイスしている様子を目の当たりにした時はビックリしました。それ以降も取材を続けていると、とにかくいつも彼には驚かされたので、今後どんなことで驚かせてくれるのか楽しみです」

『藤井聡太 14才』
フジテレビ系
6月23日(金)午後7時~7時57分

ナレーター:萩本欽一(アマチュア四段)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真