• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アニソンGPは6年ぶりに男性ボーカルが制す!

 アニメ専門チャンネルアニマックスは29日、アニメソングオーディション「アニマックス第7回全日本アニソングランプリsupported by ひかりTV」の決勝大会を開催。過去最多の応募数となる1万320組の中から、東京予選大会のチャンピオンとして出場した小林竜之がグランプリを受賞した。

 アニソングランプリとは、アニマックスが主催するアニメソング限定の音楽オーディションで、グランプリ受賞者には翌年放送される新作テレビアニメの主題歌でのメジャーデビューが約束されている日本最大級のアニメソングオーディション。過去に多くのアニソンアーティストを輩出してきた全日本アニソングランプリだ。

 第1回の喜多修平以来6年ぶり2人目の男性アーティストの優勝者となった小林は、1stステージで『夏目友人帳 参』から「君のカケラ feat 宮本笑里」を、2ndステージでは『緋色の欠片 第二章』の「君だけを」、FINALステージでは『続 夏目友人帳』の「あの日のタイムマシン」を熱唱しての戴冠となった。

 グランプリ受賞について、昨年のアニソングランプリオーディションで予選敗退していたことから「(1年間)諦めないでよかった」と涙を見せたが、「自分がプロになるために足りないものを見つけて精進し、歴代の優勝者に肩を並べたい」と意気込みを語った。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える