• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

10月限定!オードリー若林主演『終電ごはん』が帰ってくる!!

 オードリーの若林正恭主演で今年7月に放送した特別ドラマ「終電ごはん」が10月限定で復活する。

 このドラマは「終電で帰っても自宅で作って食べる」ことをルールにしている主人公マサヤス(若林)とワカナ(酒井若菜)の共働き夫婦の日常を舞台に「お手軽夜食」を紹介する料理番組仕立てのホームコメディ。

 夫婦と無理やり一緒に住んでいるマサヤスの姉のヒトミ(佐藤仁美)との息の合った絶妙な掛け合いと、ドラマの中で実際に作って食べる「お手軽夜食」は、放送後「1回だけじゃもったいない」「もっと見たい」と各方面から大反響を呼んだ。

 前回同様、劇団「バイバイ」主宰で劇作家、役者として活躍する岩井秀人の脚本で「深夜でもおいしいご飯が食べたい、でも面倒くさい料理は嫌」という人たちの願いをかなえる、手軽で簡単、なおかつ美味しいレシピを紹介。前回紹介した『豆もやしとキムチのごま風味スープ』『えのきとトマトのごまダレうどん』『キャベツとソーセージのみそバタースープ』は幻冬舎から好評発売中のレシピ本『終電ごはん』からのもの。

 今回もレシピ本『終電ごはん』を原案に、番組のために考えたドラマオリジナルメニューが登場。ヘルシーだけでなく、疲れた体にガツンと効く簡単ガッツリメニューも提案する。

 また、酒好きのヒトミが活躍(?)するミニコーナーも新設し、充実のラインナップとなっている。

 主演の若林は、「若菜ちゃんとは歳も近いですし、同じ時代を生きてきた感覚があるので、もう一歩踏み込んで、多くを語らなくても通じ合える夫婦というか、価値観が似てるからこそ食卓でもリラックスできるという夫婦の雰囲気を出せたらと思っています。佐藤さんは役とほとんど一緒。待ち時間にしゃべることも多いが、ご本人も自分に似すぎていて演じるのが逆に難しいと言っていました。なので、芝居というより普段の僕らの会話のままの雰囲気が出ていると思います」と。

 佐久間宣行プロデューサーは、「理想のキャスト、理想のスタッフでお送りできた、ちょっと変わった料理コメディー“終電ごはん”のうれしい第2弾です。しかも今回は全4回!お手軽ヘルシーだけじゃなく、男性視聴者にも喜んでいただけるような、簡単ガッツリ系の料理やお酒のおつまみなども紹介します。おいしいごはんと出演者の絶妙なアンサンブルとほっこりした笑いをお楽しみに」とコメント。

 暑い夏を乗り越えて食欲の秋を迎えた胃袋をくすぐる特別ドラマを、秋の夜長のお供にぜひご覧あれ!

『終電ごはん』
テレビ東京系 2013年10月7日、14日、21日、28日(月)後11・58~深0・45(全4回)
原作:「終電ごはん」梅津有希子、高谷亜由著(幻冬舎)
出演:若林正恭、酒井若菜、佐藤仁美ほか
監督:及川拓郎
脚本:岩井秀人

番組HP(http://www.tv-tokyo.co.jp/shuuden_gohan/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える