• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「パワーレンジャー」公開前夜祭で“アニソン界の若獅子”遠藤正明とレッドレンジャーが奇跡のコラボ!

「パワーレンジャー」 7月15日(土)より公開中の映画「パワーレンジャー」。公開を前日に控えた7月14日(金)に「前夜祭」と題して行われたトークショー付き上映イベントに、ゲストとして歌手の遠藤正明、テレビ版「パワーレンジャー」シリーズの監督・プロデューサー・アクション監督などを歴任した映画監督の坂本浩一が登壇。さらにMC兼ゲストとして大の特撮ファンであるフリーアナウンサーの宮島咲良、スペシャルゲストに本作の主人公レッドレンジャーも登場した。

 公開を待ちわびたファンが会場に大勢詰めかける中、まずは公開前夜祭の特別ライブとして、“アニソン界の若獅子”の愛称で人気の歌手・遠藤正明が登場。自身もカバーを発表しているテーマ曲「GO GO POWER RANGERS」を熱唱し、会場を沸かせた。

「今夜は盛り上がっていこうぜ!」と、ファンにはお馴染みのロックな前奏と共に登場した遠藤の一言で、会場は一気に大熱狂。一緒に登場したレッドレンジャーとの熱い交流に続いて、ハイパワーな歌声を響かせると、集まったファンも歌声に合わせて合いの手や手拍子をしたり、両手を振ったりと大盛り上がり。一瞬で集まった全員を魅了し、さらにファンだけでなくレッドレンジャーもノリノリでヘッドバンギングをするなど、遠藤のパフォーマンスによって会場全体が興奮と熱狂に包まれ、会場中が一つになった瞬間だった。

ライブが終わっても熱は冷めず、そばで見ていた宮島は「歌ってないのに汗だくです!カッコよすぎた、内臓出るかと思った!」とすっかり遠藤の生歌に魅了された様子。坂本も「まさか日本でこの曲を聞けるとは思っていませんでした。最高です、カッコよかったです!」と大感激。

遠藤も「アツいですね、こういうシチュエーションはあまりないのですごく楽しかったです」と感想を述べた。楽曲については「僕もカバーさせてもらっていますが、メタリカやMR.BIG、メガデスだったりと世界の有名アーティストもカバーしている。本当に名曲だし歌わせてもらってよかった」と感慨深げ。宮島が「すごいパワーがありますよね」と言うと、「『パワーレンジャー』ですから!」と遠藤に返され、会場が笑いに包まれた。しかしテンションが上がっている宮島はMCながらファン心を隠し切れない様子で「みんな楽しいね!」と興奮気味に会場に投げかけ、ファンも大きな拍手で宮島に同意。“前夜祭”にふさわしい大盛り上がりの様子を見せた。

トークタイムでは、MCで自身もスーパー戦隊好きを公言している宮島と、映画監督の坂本浩一が登場。大きな拍手で迎えられた坂本は「今回の映画は監督してないけど、監督の坂本浩一です」と名乗り、レンジャーのポーズで挨拶した。アメリカでテレビ版「パワーレンジャー」シリーズの監督・プロデューサー・アクション監督などを歴任した坂本だが「僕自身、15年以上関わって、まさかハリウッドでこんなに大きな作品になるとは思わなかったので日本でも公開が楽しみだしうれしくてしょうがないです。ハリウッドのほかの超大作とも引けを取らないというか、日本ではできなかったと思うので、本当にすごいことだと思います」と感慨深げな様子を見せた。宮島も「一ファンとして見てもすごく愛を感じる作品」と大きく頷いた。

また、「パワーレンジャー」と日本のスーパー戦隊シリーズとの違いについて、坂本は「やっぱり文化の違いもあって、海外では“名乗り”の文化がないのが一番違う。『なんでこの間に攻撃しないの?』ってよく言われました。僕もずっと現地でやっていたけど、試行錯誤しながらどうするのがいいか、そういうのが一番の課題だった」と振り返った。それに対し、「悔しい!(名乗りは)カッコいいのに!」と宮島。いっぽうで「日本だとなかなか実感できないけど、現地にいると『パワーレンジャー』の浸透がすごくて、おもちゃ屋さんでも『スター・ウォーズ』とかと並んで大きい枠で置いてある。日本のアニメが人気になる前からヒットしていたし、日本でも知られてもいいんじゃないかと思う」とアメリカでの人気を明かした。

一足先に映画を見た遠藤が「めちゃくちゃテンション上がりました!思ってた以上にすごくよくて、本当に夢中になって見ました!」とコメントすると、すかさず隣でどや顔を見せるレッドレンジャー。決めポーズまで披露するなど、サービス満点だった。
最後に坂本は「僕も長年シリーズに関わってきたけど、やっと日本で大々的に公開されます。日本のスーパー戦隊はもちろんですが『パワーレンジャー』も楽しんで!」と映画をPR。遠藤も「本当にすてきで、夢中になれる映画」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「パワーレンジャー」は、現在公開中。

<作品情報>
■ストーリー
さかのぼること、ときは紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな戦いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代へと帰ってくる。
小さな町エンジェル・グローブに、普通に暮らす若者たちがいた。ジェイソン、キンバリー、ビリー、トリニー、ザック。ありふれた日々を過ごす彼ら5人は、偶然にも同じ時間、同じ場所で不思議なコインを手にし、超人的なパワーを与えられる。自分たちの力に困惑する彼らの前に現れたのは、かつて世界を守っていた5人の戦士=“パワーレンジャー”の一人ゾードンと機械生命体アルファ5。かつて古代の地球で封印された悪の戦士=リタ・レパルサがよみがえり、再び世界を滅ぼそうとしていること、そしてかれら5人はその脅威に立ち向かうべくコインに選ばれた、新たな「パワーレンジャー」であることを明かされる。しかし、自らの運命を受け入れられない彼らは、まだその秘めたる力を解放できずにいた。地球に残された時間はあとわずか。はたして彼ら普通の高校生に、この瀬騎亜を救うことができるのか?世界が、そして仲間たちが危機にさらされたとき、ついにそ“その力”が目覚める。
■スタッフ&キャスト
監督:ディーン・イズラライト
製作総指揮:アリソン・シェアマー
出演:デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット、RJ・サイラー、ベッキー・G、ルディ・リン
吹き替えキャスト:勝地涼/広瀬アリス/杉田智和/水樹奈々/鈴木達央/沢城みゆき/山里亮太/古田新太
©2017 Lions Gate TM&©Toei & SCG P.R.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える