• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中島健人が広島弁で告白!「劇場版 BAD BOYS J」完成披露プレミア上映会

 映画「劇場版BAD BOYS J-最後に守るもの-」の完成披露プレミア上映会が行われ、主演の中島健人、共演の二階堂高嗣、橋本良亮、岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、橋本奈々未、白石麻衣、生駒里奈、松村沙友理、トリンドル玲奈、板野友美、窪田崇監督が登壇した。

 本作は、累計5500万部を超える伝説のモンスターコミックを映画化したもの。広島の覇権を狙う極楽蝶、ビイスト、廣島ナイツの前に新たな強敵が現れ、壮絶な戦いと熱い友情の物語が繰り広げられる。

 この日、当選倍率200倍を勝ち抜いて集まった観客はキャストが登場すると大盛り上がり。まずは「この場に集まってくれた皆さんにひと言言いたいです。愛してるけぇ」と中島が広島弁であいさつすると会場からは割れんばかりの歓声があがった。映画初主演となる中島は「ドラマのときからこの番組を愛していたので映画化と聞いたときには感極まりました」と話し「みんなが支えてくれたのでいい作品を作り上げることができたと思います」とこの作品への思いを語った。

 映画の見どころについて中島は「なぜか映画でもある司と陽二のキスシーンかな」とドラマでも話題になったシーンを。二階堂は「女性だったら恋愛、男性だったらけんかのかっこいいシーンに注目してほしい」と話し「今回の作品に出たことでかっこいいって周りから言われるんですよ。かっこいいって言われると気持ちがいい」と笑顔を見せた。桐木の恋人・由本久美役を演じた橋本奈々未は

「司君との恋も見てほしいんですが、アクションシーンで泣きそうになったところがあって」と女性目線での見どころを紹介した。

 劇場版の主題歌にはSezy Zoneが歌う「BAD BOYS」をアレンジした「BAD BOYS~movie remix~」を起用。本編の最後に映画館でしか見ることのできない“極楽蝶”が歌う特別バージョンが流れることが発表されると、二階堂や橋本は「うらやましい!」と声をあげた。

 最後にサブタイトルの「最後に守るもの」にちなんで映画のPRのため公約を求められ「全国を回ります!」と発表した。中島は「キラキラ、ギラギラした映画になってるので皆さん楽しんでください!」とPRした。

「劇場版 BAD BOYS J-最後に守るもの-」は11月9日(土)より全国ロードショー。

「劇場版 BAD BOYS J-最後に守るもの-」
出演:中島健人(Sexy Zone)、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、橋本良亮(A.B.C-Z)、
岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太(Snow man)、重岡大毅(関西ジャニーズJr.)、
安井謙太郎、萩谷慧悟、森田美勇人、諸星翔希、七五三掛龍也(ジャニーズJr.)
橋本奈々未、白石麻衣、生駒里奈、松村沙友理(乃木坂46)/
佐野和真、柿澤勇人/トリンドル玲奈、板野友美
原作:田中宏「BADBOYS」(少年画報社 ヤングキングコミックス刊)
監督:窪田崇
脚本:桑村さや香
音楽:牧戸太郎

(C)劇場版「BAD BOYS J」製作委員会

「劇場版 BAD BOYS J」公式サイト(http://bbj-movie.com)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える