• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

長谷川博己「眼鏡を取っても嫌いにならないで!」

 映画「鈴木先生」の初日舞台あいさつが行われ、主演の長谷川博己をはじめ、臼田あさ美、土屋太鳳、風間俊介らキャスト陣と原作者である武富健治、河合勇人監督が出席した。

 本作が初主演作となった長谷川は、階段に足を取られて豪快にズッコけながらの登場となったが「すべってしまいましたが、映画はすべるわけにはいかないので、よろしくお願いします」とあいさつ。

 映画からの参加となった風間は「もともと『鈴木先生』の大ファンだったので、仲間に入ることができてうれしい。ファンの皆さんの心の一部に僕も入っていければ」と語った。

 舞台あいさつの最後には「衣装を着るのは今日で最後になると思うと、さみしい気持ちとうれしい気持ちもありますが、眼鏡を取った長谷川博己を嫌いにならないでください!」と長谷川がファンにメッセージを送ると、満席の会場からは大きな拍手が起こった。

 映画「鈴木先生」は、角川シネマ新宿ほかにて絶賛公開中。

 
映画「鈴木先生」公式サイト(http://www.tv-tokyo.co.jp/suzukisensei/)
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える