• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『バチスタ』シリーズ最新作に注目のイケメン・上遠野太洸が出演

 来年1月クール放送のドラマ『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』(フジテレビ系)に上遠野太洸が出演すると発表された。

 2008年放送の『チーム・バチスタの栄光』から続く人気医療ドラマシリーズの第4弾となる今回は、伊藤淳史演じる人のいい心療内科医と、仲村トオル演じる厚生労働省の変人官僚のコンビが
“終末期医療”の闇と病院を営む桜宮一族の謎に迫っていくストーリー。

 上遠野が演じるのは東城医大の学生ながらも、最期をみとった祖母にほどこされた医療に疑問を持ち、医学の道に進めなくなってしまう役どころ。柳葉敏郎演じる桜宮巌雄が院長を務める地方病院・碧翠院でアルバイトの日々を過ごしながら、桜宮家の次女・すみれ(栗山千明)をひそかに慕う。本音は決して見せないが、すみれが窮地に陥った時には今までにない行動を取るなど大胆な一面も見せていく。

 小池徹平や三浦翔平などを輩出した“ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト”でグランプリを獲得し、その後もドラマや映画にひっぱりだこの上遠野。今回、本格医療ミステリーに参加することになって「お話をいただいたとき、あのドラマに僕が出られるんだ!と感激しました。最初の顔合わせでは、すごい方たちがたくさん並んでいて本当に緊張しました」と喜びのコメントを。

「天馬大吉は何か謎を抱えているような役柄なので、最初は怪しく見えるよう演じていました。でも、監督から“もっと純粋でいいんだよ”と言われてからは、ただ真っすぐに演じるように心がけています。控室ではいろいろな会話が繰り広げられていますが、その中に僕も入れるよう努力しています。一緒に話すことで役について納得できることも多いし、一人では分からないことが分かったり。それぞれの役からの目線でおっしゃるので、とても勉強になります」と大先輩たちに囲まれた新しい現場を楽しんでいるよう。

「このドラマは見れば見るほど誰もが怪しくて何が何だか分からない、どうなるかが分からない。でも、怪しいことの全部がつながっていますから!いろいろ推理しながら楽しんでください。ただし、最後にぜんぶ裏切られますけれど!推理を覆される快感も含めて、騙されちゃってください(笑)」とドラマをPRした。

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』(フジテレビ系 毎週(火)後10・00)は来年1月スタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える